1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 交通事故直後の対応
  4. 交通事故の被害者がやるべきこと

交通事故の被害者がやるべきこと

交通事故の被害者がやるべきこととしては、

 

①警察への通報

②相手の連絡先などの確認

③事故現場の状況の記録

 

があります。

 

①警察への通報

まず、事故を起こした場合、道路交通法により警察への届け出が義務づけられており、事故の起こった日時・場所、状況などを警察に報告しなければなりません。

 

この届出義務は被害者にもあるため、加害者が届け出を出さないときには、被害者が届けを出してもかまいません。

 

もし警察への通報義務を怠ると、保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」を受け取ることができなくなります。

 

軽い事故の場合、加害者に頼まれて、警察に届け出ないケースがありますが、これは絶対にやめるべきです

 

というのも、事故直後はたいしたケガに見えなくても、後になって後遺症が現れることはありますし、警察に届け出なかったために、加害者の保険からの補償が受けられなかったり、被害者自身がかけている保険の請求ができなくなったりするケースがよくあるからです。

 

なので、手違いや負傷で事故直後に警察へ届けられなかった場合でも、すぐに届け出て交通事故証明書を発行してもらうようにしましょう。

 

②相手の連絡先などの確認

当て逃げやひき逃げを避け、保険金の請求を確実に行うためには、相手の連絡先などをしっかりと確認しておくことが大切です。

 

具体的には、

 

・相手の身元(運転免許証記載の住所・氏名、連絡先、勤務先)

・事故車両(車両ナンバー、所有者の確認、車種、車体の色や特徴)

・保険(自賠責保険、任意保険の会社名)

 

などを確認しておくことが重要です。

 

事故車両に関しては、所有者の確認を忘れないようにして下さい。

 

というのも、損害賠償は、加害車両の運転手だけでなく、雇い主や車の所有者にも請求できるからです。

 

また、加害者の任意保険の会社名が分かっていれば、数日経って加害者側の保険会社から連絡が来ない場合に、事故報告の有無を確認できるため、治療費の支払いが遅れるリスクを回避することができます。

 

なお、加害者に身元を尋ねるときは、自分の身元を明かしたあとで、免許証の提示をもとめると良いでしょう。

 

威圧的な態度は相手の反発を招きかねないので、冷静に対応することが大切です。

 

③事故現場の状況の記録

最後に重要なのが、事故の状況をなるべく詳細に記録しておくことです。

 

なぜ記録を残しておくことが必要かというと、損害賠償額算定の際の「過失割合」に影響するからです。

 

事故直後には自分の過失を認めていても、示談交渉の段階になって証言をひるがえすことはよくありますし、事故から時間が経つと、記憶もあいまいになってきます。

 

後々の交渉をスムーズに進めるためにも、

 

・事故状況が分かるメモを作成

・カメラで現場や破損箇所などを撮影

・目撃者を探す

 

などの記録をできる限り行っておくべきです。

 

 

前のページ 「交通事故直後の対応

次のページ 「交通事故の加害者がやるべきこと