1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 交通事故直後の対応
  4. 【事故後の手続き①】保険会社への連絡

【事故後の手続き①】保険会社への連絡

警察への報告など、事故直後の措置が一通り終わったら、自分が加入している損害保険会社(保険代理店を通してもよい)への事故報告を行いましょう。

 

報告すべき内容は下記の4つです。

 

①契約内容…契約者、被保険者の名前・住所・電話番号、保険証券番号

②事故の内容…事故発生の日時・場所、事故の原因・状況・責任の所在、相手方当事者の住所・氏名・電話番号、目撃者がいる場合はその氏名・連絡先、届出警察署

③損害内容…双方の車両損害の程度、負傷者の有無、負傷者の傷害の程度、診察を受けた場合の病院名

④事故後の措置…相手方との交渉状況、見舞いの有無


対人事故については、事故発生の日から60日以内に報告がなかった場合、保険会社から保険金が支払われないこともあるので、なるべく早く損害保険会社か保険代理店に報告する必要があります。

 

また、保険会社への早期の事故報告は、保険金支払いまでの期間を短くすることにもつながります。

 

24時間フリーダイヤルで事故相談を受け付けている会社も多いので、なるべく速やかに報告を行いましょう。

 

 

軽い事故・保険金が支払われそうにない場合でも報告しよう!

ケガがなく保険を使うほどでもない軽い事故の場合や、被害者側に全面的に過失があるような場合であっても、必ず保険会社には問い合わせて下さい。

 

というのも、ケガが無いと思っても、事故後しばらくしてから後遺症が出ることもありますし、被害者の落ち度が大きいケースであっても、被害者が加入している任意保険に自損事故保険や人身傷害保険などがついていれば、保険金が支払われることもあるからです。

 

最初から諦める前に、まずは保険会社に問い合わせてみることが重要です。

 

 

加害者の任意保険もチェックすべき

また、加害者の任意保険の加入状況をチェックすることも大切です。

 

自賠責保険の範囲内で済むような人身事故による損害や、軽い物損事故の場合には、加害者の支払能力を心配する必要はありません。

 

しかし、死亡事故や重度の後遺障害のようなケースでは、加害者の任意保険から支払いを受けることになります。

 

なので、被害者側の保険だけではなく、加害者側の保険も忘れずにチェックするようにして下さい。