1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 交通事故直後の対応
  4. 物損事故から人身事故への切り替え手続き

物損事故から人身事故への切り替え手続き

事故日から病院での診察日までの間隔が短ければ、事故の種別を「物損」から「人身」に切り替えることが警察で認められる場合もあります。

 

物損事故を人身事故に切り替えるための手続きの流れは、以下の通りです。

 

① 診察の結果、異常が発生した旨を記した「警察へ提出するための診断書」を医師に書いてもらう
② 事故発生場所を管轄する警察署へ、医師の診断書を届ける

 

上記のような手続きで人身事故への切り替えが認められれば、事故発生時に物損事故で処理された交通事故証明書も人身事故扱いとなり、保険金の請求が認められます。

 

ただし、警察が診断書を受理しない場合は、警察での切り替え手続きはできません。

 

この場合、認められる可能性は低いものの、保険会社に人身事故証明書が入手できなかったことの理由書を提出することで、保険金の請求が認められる場合があります。

 

保険会社から「人身事故証明書入手不能理由書」の用紙をもらい、「事故現場ではケガが無いと判断したが、後日、ケガが発生したため、人身事故への切り替えをしようとしたところ、警察が受けつけなかった」などの正当な理由を記入して提出しましょう。

 


ただ、これらの物損事故から人身事故への切り替えは、非常に手間がかかる手続きですし、切り替えが認められない場合も多いです。

 

なので、車と車の事故で目立った負傷がない場合であっても、できるだけ早く病院へ行き、医師の診察を受けましょう。