1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 治療
  4. 医師とのコミュニケーションを密にし、病状と今後の経過を把握しよう

医師とのコミュニケーションを密にし、病状と今後の経過を把握しよう

交通事故の被害者は、医師に対して協力を仰ぐ機会が多いです。

 

治療方針はもちろんのこと、いつまで治療を続けるかといった問題や、後遺症が残る場合には、後遺障害診断書を書いてもらう必要があります。

 

そのため、医師とのコミュニケーションを密にし、最善の治療と診断を行ってもらえるようにすることが大切です。

 

具体的には、早い段階で被害者本人やその家族が、主治医・担当医から、診断書やレントゲン写真、検査記録をもとに、負傷の状況を聞き、今後どのような治療や手術が行われるか、経過はどのようになっていくかを聞いておくべきです。

 

特に、後遺症が残りそうな場合、どの段階で症状固定とするか、後遺症の症状と仕事への影響などを、医師としっかり話し合うことが重要です。

 

もし、このような話し合いに医師が熱心でなかったり、診療方針の説明などに信頼が置けなかったりするようなら、病院を替えることも検討すべきでしょう。

 

参考:通院先の病院を替えたい

 

医師に因果関係や外傷性の記載を要求してはいけない

医師と密にコミュニケーションをとるといっても、無理な要求をしてはいけません。

 

まず、交通事故とケガの因果関係を執拗に確認するのはNGです。

 

そもそも、医師は患者を診察し、必要な検査を実施し、適切な治療を行うことを仕事としているのであって、交通事故とケガの因果関係の証明は職務の範囲外です。

 

この因果関係の立証は、医師の仕事ではなく、弁護士が法廷で行う仕事です。

 

なので、医師に交通事故とケガの因果関係を確認することはやめましょう。

 

次に、診断書に「外傷性」の記載を要求する行為も控えるべきです。

 

そもそも、診断書に外傷性と記載があっても、外傷性が証明されたことにはなりません。

 

それを認定するのは、調査事務所の仕事です。

 

医師に対して、このような記載を要求するのは、意味の無い行為なのでやめておきましょう。