1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 治療
  4. 治療費は誰が支払いをするのか?

治療費は誰が支払いをするのか?

交通事故でケガをしたら病院へ行って治療をしなければいけません。

 

その際にもっとも心配なのは、

 

「いったいこの治療費は誰が払うの?」

 

ということではないでしょうか。

 

治療費の支払いで多いケースは、

 

・加害者側の任意保険会社が、直接病院へ治療費を支払ってくれる

・被害者側でいったん治療費を支払い、後で加害者や保険会社に請求する

 

の2パターンです。

 

被害者としては、前者の方が良いのは間違いないでしょう。

 

加害者側の保険会社が気を利かせて病院と連絡をとり、治療費を支払ってくれるのが、被害者にとって手間が最も少ないし、お金の持ち出しもないからです。

 

しかし、加害者側の任意保険会社が必ずしも最初から治療費を支払ってくれるわけではありません。

 

その場合、被害者がいったんかかった治療費を自分で病院に支払い、その支払った額を後で、加害者や保険会社に請求することになります。

 

被害者が治療費を支払うときの注意点

被害者が治療費を支払うということになると、支払った医療費は後で戻ってくることになるにせよ、請求された額を、随時、病院に支払わなければならないという負担を強いられることになります。

 

しかし、当面必要な治療費を捻出する方法として、被害者には「仮渡金請求」と「内払金請求」という2つの方法があります。

 

当面必要な治療費として仮渡金を自賠責保険会社に請求すれば、死亡事故の場合は、290万円、負傷の場合はその程度によって5~40万円が支払われます。

 

また、損害額が10万円を超えた場合も、内払金を請求することができます。

 

参考:加害者が治療費を支払わない時は「仮渡金」「内払金」を請求すべし!

 

なお、被害者側が治療費を支払った場合、後で保険金を請求するためにも、必ず領収書をもらっておく必要がありますので、注意して下さい。

 

加害者による治療費の立て替え

上記のように被害者が治療費を立て替える場合、保険金の支払いまでにかなりの時間を要します。

 

そのため、加害者としては、被害者に誠意を示す意味で、お見舞いに行き、当座の治療費や入院保証金程度の支払いをすることが望まれます。

 

事故後の示談交渉をスムーズに進めるためにも、加害者は被害者に対してできる限り誠意を示すことが重要です。

 

加害者側で治療費を支払った場合には、病院の領収書を保管しておき、後日保険金の支払いで精算できるようにしておきましょう。

 

なお、加害者側に治療費を立て替えるだけの資力がない場合、保険会社の仮渡金や内払金が支払われるまで被害者側で立て替えざるをえません。