1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. 自賠責保険の支払限度額はいくらか?金額一覧表

自賠責保険の支払限度額はいくらか?金額一覧表

自賠責保険では、傷害・後遺障害・死亡のケースごとに保険金の支払限度額が異なっています。

 

それぞれの、保険金の支払限度額は以下です。

 

傷害による損害

傷害の場合の保険金の支払限度額は120万円です。

 

治療費や休業損害、慰謝料などが保険金支払の対象となります。

 

物損事故では原則として保険金は支払われませんが、被害者が負傷した際、義肢・眼鏡などの身体機能を補う物が破損した場合には、例外的にその費用も保険金支払の対象になります。

 

▼傷害による損害の図

後遺障害による損害

後遺障害の場合の保険金の支払限度額は4000万円です。

 

身体に残った傷害の程度に応じた等級によって、逸失利益および慰謝料が支払われ、最も重い1級で4000万円(要介護の場合)、最も軽い14級では75万円を限度に支払われます。

 

症状固定(治療しても回復が望めない状態)の前までは、前述の傷害保険金が支払われますが、症状固定と診断された段階で後遺障害による損害賠償請求へと切り替わり、別途、後遺障害による損害保険金が支払われます。

 

▼後遺障害による損害の図

死亡による損害

死亡の場合、保険金の支払限度額は3000万円です。

 

葬儀費用、逸失利益、慰謝料(被害者本人と遺族)が支払われます。

 

被害者が手術や治療を受けた後に死亡した場合には、死亡までの費用や慰謝料が上乗せされることになります。

 

▼死亡による損害の図

 

被害者や加害者が複数いる場合

1台の車が複数の被害者を死傷させた場合は、被害者ごとに自賠責保険の限度額まで保険金が支払われます。

 

また、1人の被害者に対し加害者が複数いるような場合は、被害者の総損害額を限度に「自賠責保険の支払限度額×加害車両」が自賠責保険の支払限度額になります。