1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. 任意保険会社が行う「一括払い」ってなに?

任意保険会社が行う「一括払い」ってなに?

加害者が任意保険に加入している場合、任意保険会社が自賠責保険の部分も対応してくれます。

 

加害者の加入している任意保険会社が窓口となり、自賠責保険と任意保険の保険金を被害者に対して一括で支払ってくれます。(「一括払い」)

 

一括払いを行った任意保険会社は、後に立て替えた保険金を自賠責保険会社から受け取り、精算するという流れになります。

 

この「一括払い」のメリットは、なんといっても被害者の手間が少なくなるという点です。

 

本来であれば、任意保険と自賠責保険の両方の手続きをしなければいけないところを、一括払いの制度のおかげで、手続きを簡素化できるわけです。

 

一括払いが請求できない場合

このように一括払いは、被害者にとってメリットのある制度ですが、全ての事故で使えるわけではありません。

 

・任意保険の対象とならない事故

・賠償金額が自賠責保険の支払範囲内(任意保険を使う必要がない)

 

の場合は、一括払いは使えません。

 

まず、飲酒運転や無免許運転、薬物服用中の運転などの行為は任意保険の免責事由に該当し、任意保険の対象とならないため、一括払いを請求することはできません。

 

また、任意保険会社で保険金を上乗せする必要がない軽傷事故の場合も、一括払いの請求ができない可能性が高いです。

 

このような場合、被害者が自分自身で、加害者の自賠責保険に請求することが必要になります。