1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. 自賠責保険の保険金は過失割合7割未満まで減額なし

自賠責保険の保険金は過失割合7割未満まで減額なし

任意保険の場合は、類型別に過失割合が厳密に精査され、被害者の過失割合に応じて保険金額が減額されることがほとんどです。

 

しかし、自賠責保険は「被害者救済」に力点が置かれているため、被害者に重大な過失がある場合(過失割合70%以上)を除き、保険金は減額されません。

 


▼減額率の図

 

被害者の過失割合が100%となる条件

上記のように、自賠責保険は被害者にとって有利な体系になっていますが、被害者に100%の過失がある場合には、保険金が支払われません。

 

加害者が自賠責法3条に規定されている3つの項目を全て立証すれば、「無責」となり被害者の損害は加害者に責任がない「自損事故扱い」となります。

 

① 運行供用者および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと
② 被害者に故意、または運転者以外の第三者に故意または100%の過失があった
③ 自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかった

 

ただし、この3つの証明は、車検や定期点検をしていれば証明できる③を除き、簡単ではありません。

 

例えば、①では注意義務違反がなかったことを証明する必要がありますが、加害者に注意義務違反が全くないというケースはあまりないため、立証は難しいです。

 

そのため、自賠責保険の保険金が全く支払われないというケースはほとんどありません。

 

なお、自賠責保険の保険金の支払いや調査結果に不服がある場合、異議申し立てを行うことができます。

 

加害者の加入する自賠責保険会社などに異議申し立てを行い、自賠責保険審査会による再審査を請求しましょう。