1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. 自賠責保険が支払われないケース

自賠責保険が支払われないケース

自賠責保険は、「被害者の救済」に重点が置かれた制度ですが、保険金が支払われないケースもあります。

 

それは、

 

① 被害者が「他人」ではない場合
② 加害者に責任がない場合
③ 自損事故の場合
④ 自動車の運行によって死傷したものでない場合

 

などです。

 

①被害者が「他人」ではない場合

この中で特に重要なのが、①のケースです。

 

自賠法では、「自動車の運行によって他人が受けた生命または身体の損害賠償を保障する制度である」と定められています。

 

ここでいう「他人」の意味は、自分自身や家族・親族以外の第三者という意味ではなく、「運行供用者以外の人」を指します。

 

※運行供用者責任(自賠責法第3条)
…自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる

 

例えば、Aが所有している車をBに運転させている時に、Bが自損事故を起こし、Aが負傷した場合は考えてみましょう。

 

この場合、Aは車の所有者のため「運行供用者」に該当し、自賠法のいう「他人」にはあたりません。

 

なので、この場合、Aには自賠責の保険金は支払われないのです。

 

②加害者に責任がない場合

人身事故の加害者が、

 

・運行供用者および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと

・被害者に故意、または運転者以外の第三者に故意または100%の過失があった

・自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかった

 

という3つの条件を全て立証できる場合、加害者に責任はなく、保険金は支払われません。

 

参照:自賠責保険の過失割合

 

③自損事故の場合

電柱に自分から衝突したというような自損事故の場合も、原則として保険金は支払われません。

 

被害にあったのが、運転者でも運行供用者でもない人間であれば、その第三者に対しては保険金が支払われます。

 

④自動車の運行によって死傷したものでない場合

駐車場で停止している車に、人がぶつかってきてケガをしたような場合、これは自動車の運行以外によって死傷したケースに該当します。

 

このような場合にも、保険金は支払われません。