1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. ⑤自損事故保険

⑤自損事故保険

自損事故保険は、自賠責保険では補償されない「相手がいない事故」の場合に保険金が支払われます。

 

例えば、運転操作を誤って壁に衝突したり、崖から転落して死傷したりした場合、
相手の車両が停止中で自分に100%の過失がある場合も自損事故になります。

 

また、所有者が運転していない時に事故が起きた場合であっても、自損事故は適用されます。

 

具体的には、崖崩れや落石などによって車両が破損した場合や、建築中のビルの屋上から物が落下して車両が損壊したような場合は、自損事故保険の補償の対象になります。

 

自損事故保険の内容

自損事故保険の内容は下記の4つです。

 

○死亡保険金

 

○医療保険金
…入院日額、通院日額が支払われる

 

○後遺障害保険金
…後遺障害の等級により支払われる保険金

 

○介護費用保険金
…重度の後遺障害が残り、介護が必要な場合に支払われる

 

自損事故保険が支払われないケース

自損事故保険の保険金が支払われないのは、下記のようなケースです。

 

① 被保険者の故意によって生じた本人の損害
② 被保険者の無免許運転、酒酔い運転などによって生じた本人の損害
③ 無断運転中の無断運転者、無断同乗者の被った損害
④ 被保険者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為によって生じた本人の傷害
⑤ 被保険者の被った傷害が、保険金を受け取るべき者の故意によるとき
⑥ 平常の生活または業務に支障のない程度の微傷に起因する創傷伝染病
⑦ 戦争、暴動などの危険による損害
⑧ 地震、噴火または津波による損害(ただし、台風・洪水の場合は支払われる)
⑨ 原子力などによる損害
⑩ 上記⑦~⑨にともなう損害
⑪ 被保険自動車が自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業などの自動車取扱業者に受託されている間に生じた損害

 

上記のような場合には、自損事故であっても補償がありませんので、注意が必要です。

 

 

前のページ 「④人身傷害保険

次のページ 「⑥無保険車傷害保険