1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. ⑦車両保険

⑦車両保険

「車両保険」は、自分の車に物的な損害が発生した場合に、補償がなされる保険です。

 

特に、加害者が対物賠償保険に入っていない場合に、重要な保険となります。

 

車両保険には、

 

・一般車両保険(オールリスク)

・エコノミー(車対車特約付き車両保険)

・限定A(車両危険限定A)

・エコノミー+限定A

 

の4種類があり、補償の範囲が広いほど保険料が高くなります。

 

▼車両保険の種類と補償の範囲

 

車両保険が支払われないケース

車両保険の保険金は、以下のような場合には、支払われません。

 

① 故意によって生じた損害
② 戦争、暴動などの危険による損害
③ 天災危険による損害(地震、噴火または津波)
④ 原子力などによる損害
⑤ 上記の②~④にともなう損害
⑥ 差押え、収用、没収、破壊など国または公共団体の公権力の行使による損害
⑦ 詐欺または横領による損害
⑧ 被保険自動車が航空機または船舶によって輸送されている間に生じた損害(ただし、フェリーボートは除く)
⑨ 被保険自動車に存在する欠陥、摩滅、腐食、さび、その他自然の消耗
⑩ 故障損害
⑪ 被保険自動車から取り外されて車上にない部分品、または付属品に生じた損害
⑫ 附属品のうち被保険自動車に定着されていないものに生じた損害
⑬ タイヤに生じた損害
⑭ 保険契約者、被保険者、保険金の受取人などの特定の者が、無免許、酒酔、麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナーなどによって正常な運転ができないおそれのある状態で被保険自動車を運転中に生じた損害