1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険
  4. 任意保険の請求方法(加害者請求と被害者請求)

任意保険の請求方法(加害者請求と被害者請求)

任意保険の請求方法としては、

 

・加害者請求

・被害者請求

 

の2つがあります。

 

加害者請求

加害者は、事故が発生した場合、加入している保険会社に連絡しなければいけません。

 

この連絡がきちんと行われ、損害保険会社に保険金請求手続きがなされていれば、示談成立後、損害保険会社が被害者に保険金を支払ってくれます。

 

この場合には、損害保険会社が自賠責保険の請求手続きも一括して行うため、加害者は別途、自賠責保険の請求手続きを行う必要はありません。

 

参考:任意保険会社が行う「一括払い」ってなに?

 

被害者請求

自賠責保険では、加害者が賠償金を支払ってくれない場合、被害者の側で加害者の加入している保険会社に賠償金の支払いを請求するという被害者請求が認められていましたが、任意保険の場合にも、同じように被害者請求ができます。

 

参考:自賠責保険の請求方法(加害者請求と被害者請求)

 

しかし、「自賠責保険の被害者請求」と「任意保険の被害者請求」では、異なる点もあります。

 

自賠責保険では、加害者との示談が成立していなくても保険金の支払いを受けることができますが、任意保険の場合、基本的に、示談が成立していない場合は保険金の支払いが受けられません。

 

ただし、実務上は、治療費や休業損害などは内払い的に支払われますし、搭乗者保険や自損事故保険の場合は、保険で約定された定額の保険金が支払われることになっているため、示談の成立前であっても保険金が支払われます。

 

保険を請求できる時期

任意保険の場合、保険の種類によって、請求できる時期が異なります。

 

各保険の請求時期は、以下のようになります。

 

○対人・対物賠償保険
…被保険者と損害賠償請求者との間で、判決が確定したとき。裁判上の和解、調停が成立したとき。書面による合意(示談)が成立したとき。

 

○搭乗者保険

・死亡保険金
→被保険者が死亡したとき。


・座席ベルト装着者特別保険金
→被保険者が死亡した際、被保険者が座席ベルトを装着しながら死亡した場合、上記の死亡保険金とは別に所定の特別保険金が支払われる。


・後遺障害保険金
→被保険者に所定の後遺障害が生じたとき。


・医療保険金
→被保険者が傷害を被り、医師の治療を要した場合は、平常の生活または業務に従事することができる程度に治ったとき。

 

○自損事故保険

・死亡保険金
 →被保険者が死亡したとき。


・後遺障害保険金
 →被保険者に所定の後遺障害が生じたとき。


・介護費用保険金
→被保険者に所定の後遺障害が生じ、かつ介護が必要と認められるとき。ただし、被害の日から31日以上生存することが必要。

 

・医療保険金
→被保険者が傷害を被り、医師の治療を要した場合は、平常の生活または業務に従事することができる程度に治ったとき。

 

○無保険者傷害保険
…被保険者が死亡したとき、または後遺障害が生じたとき。

 

○車両保険
…損害が発生したとき。