1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 自動車保険

自動車保険

交通事故に遭った際、自動車保険に関して、必ず問題となるのが「自賠責保険」と「任意保険」の2つです。



自賠責保険というのは、自動車を運転する人が、自賠法(自動車損害賠償保障法)に基づき、強制的に入らなければならない保険のことです。



それに対して、任意保険とは、自賠責保険でカバーできない部分を補償する保険で、運転者が任意で加入する保険になります。

 

自賠責保険と任意保険の関係

この「自賠責保険」と「任意保険」は、



・自賠責部分で最低限の補償を行う
・任意保険部分で不足分の補償を行う



という2段階の構造になっています。





最近の死亡事故や後遺障害の判例では、賠償金が1億円を超えるケースも珍しくありません。



そのようなケースだと、自賠責保険だけでは、全ての損害をまかなうことは出来ません。



そこで、自賠責保険でカバーできない損害を補うために、多くの人が任意保険に加入しているのです。

 

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険には「強制か任意か」や「最低限の補償かどうか」以外にも、違いがあります。

 

  自賠責保険 任意保険
加入義務 法律により強制 任意で加入
目的・趣旨 被害者保護のための最低限の保障 自賠責保険の不足分を補う
補償の範囲 対人賠償のみ 保険商品によって異なり、加入者本人が任意で選択
示談交渉 示談は自分で行う 保険会社によっては、示談代行サービスがある
過失相殺 重大(7割以上)な過失がない限り、減額されない 軽過失であっても減額される

 

まず、自賠責保険は補償の範囲が「人身事故」の場合に限られます。



自賠法は被害者救済を第一の目的としていますが、物損事故の場合、被害者がいないと考えられるため、補償の範囲外となるのです。



それに対して、任意保険の場合、商品によっては物損事故も補償されます。



次に、自賠責保険には、支払われる保険金額に上限額があります。



具体的には、傷害部分(治療費や休業補償、傷害慰謝料など)は120万円まで、後遺障害部分は最高で4000万円までとなります。



さらに、示談代行や過失相殺についても違いがあります。



自賠責保険の場合、示談代行などのサービスはついておらず、過失相殺についても重大(7割以上)の過失がない限り減額されません。



それに対して、任意保険の場合、示談代行サービスがあり、過失相殺についても、加害者加入の保険会社担当者が厳格に対応することになります。

 

保険の請求方法

自賠責保険と任意保険に対する請求方法は2つあります。



1つは、先に自賠責保険会社に、被害者請求を行い、足りない部分を任意保険会社から支払ってもらう方法です。



この被害者請求には、本請求(損害賠償請求)の他に、本請求より前に保険金の一部を支払ってもらう仮渡金請求と内払金請求が含まれます。



もう1つの方法は、「一括払い」という方法です。



これは、自賠責保険が支払う分も含めて任意保険会社から一括して賠償金を支払ってもらい、後日、任意保険会社が自賠責保険会社に「立て替え分」を請求するという方法です。



通常、加害者は任意保険に加入しているケースがほとんどのため、後者の「一括払い」となることが多いですが、加害者側が保険を支払わず、当面の治療費に困っている場合などは、前者の仮渡金請求や内払金請求を行うとよいでしょう。