1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 慰謝料・損害賠償
  4. 物損事故の慰謝料は原則認められない

物損事故の慰謝料は原則認められない

物損事故の慰謝料は、原則として認められません。

 

その理由は、買い替えなどによって代わりの物を用意すれば損害を補えるため、精神的苦痛は消えると考えられるからです。

 

判例も、物損事故による損害は、身体の損害とは異なり金銭によって代替することができ、損害賠償を受けることにより精神的苦痛は除去されるため、精神的苦痛を被ったとしても、慰謝料を認めることはできない、としています。

 

ただし、以下のような事例で、例外的に慰謝料が肯定される場合があります。

 

まず、犬や猫などのペットが死亡した場合では、家族同様の存在だったとして、慰謝料が認められた事例があります。

 

また、「品評会のチャンピオン犬が死亡させれられた事例」や「競走馬が交通事故で死亡した事例」でも慰謝料が認められたことがあります。

 

しかしながら、このような事例は判例によって個別事情が認められた特殊なケースであり、保険会社によってこのような慰謝料が認められることはほとんどありません。

 

 

前のページ 「物損事故の休業損害

次のページ 「誰が損害賠償を請求できるか?