1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 慰謝料・損害賠償
  4. 損害賠償請求権の時効の期間と中断方法

損害賠償請求権の時効の期間と中断方法

交通事故による損害賠償請求権は、いつまでも放っておくと、時効により請求権が消滅してしまいます。

 

感情面のトラブルが原因で、なかなか示談交渉を開始できず、時効にかかってしまうケースもあるため注意が必要です。

 

時効の期間

時効の期間は、以下のようになっています。

 

・損害賠償請求権は損害および加害者を知ったときから3年間(または事故発生後20年)

・保険金請求は事故の時から2年間

・政府保障事業に対する請求も2年間(ひき逃げや無保険車のケース)

 

※死亡事故の場合は「死亡日」、後遺傷害事故の場合は「症状固定時」が起算点

 

【保険金請求の時効の図】

 

なお、加害者への損害賠償請求権は、時効期間が経過すると、ただちに権利がなくなるわけではありません。

 

加害者が「時効になったので支払わない」と主張することによって時効が完成し、損害賠償請求権が消滅します。

 

つまり、時効になったとしても、加害者が「時効になった」と主張しなければ、損害賠償請求は行うことができます。

 

時効の中断方法

時効の中断方法としては、以下の3つがあります。

 

まず、加害者に対して配達証明付きの内容証明郵便で損害賠償請求を出し、請求書到着から6ヶ月以内に裁判を起こすと時効を中断することができます。

 

次に、保険会社に時効中断申請書を提出し、債務の承認が行われれば、時効を中断することができます。

 

最後に、加害者が被害者に損害を賠償する旨の書面を差し入れたり、損害賠償金の一部を支払ったりした場合、債務を承認したと考えられるため、時効は中断されます。