1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 過失割合
  4. 自賠責保険と任意保険では、過失相殺の方法が違う

自賠責保険と任意保険では、過失相殺の方法が違う

被害者に過失がある場合、過失相殺が行われることによって、加害者の支払う損害賠償額は減少します。

 

ただし、自賠責保険と任意保険では過失相殺の方法が異なりますので、注意が必要です。

 

自賠責保険の過失相殺の方法

まず、自賠責保険は、被害者保護という社会的な性格を持つ強制保険のため、被害者に重大な過失がある場合にしか、過失相殺はなされません。

 

具体的には、被害者の過失が7割未満の場合には、過失相殺はなされず、過失が7割以上の場合には、下記の表に従って過失相殺がなされます。

 

▼自賠責保険の過失相殺

 

重大な過失とされる事故の類型としては、

 

・信号無視をして衝突した場合

・泥酔した状態で運転を行っていた場合

・センターラインオーバーで衝突した場合

 

などがあります。

 

任意保険の過失相殺の方法

任意保険の過失相殺のやり方は、保険会社が事故類型や個別事情などによって被害者の過失を細かく判断し、軽過失の場合であっても過失相殺がなされます。

 

保険金の算定手順としては、

 

① 被害者の総損害額に過失相殺を適用して減額する
② 損害賠償額から自賠責保険で支払われた金額を差し引く

 

という手順となります。

 

ただ、これだと分かりにくいので、具体例を使って説明します。

 

具体例その1

例えば、総損害額が200万円で、被害者の過失割合が20%だったケースで考えてみましょう。

 

この場合、まず自賠責保険が先に支払われます。

 

被害者の過失は20%の軽過失なので、過失相殺は行われず、満額の120万円が支払われます。

 

任意保険会社の支払いは、総損害額を過失割合の20%で減額(200万円×0.8=160万円)し、そこから自賠責保険で支払われる120万円を差し引いた40万円となります。

 

 

 

具体例その2

次の例は、総損害額が200万円で、被害者の過失割合が70%のケースです。

 

この場合も、自賠責保険が先に支払われますが、今回は被害者に70%以上の重過失があるため、総損害額が2割減額され、120万円×0.8=96万円が支払われます。

 

任意保険会社の支払いは、先に総損害額の70%を減額(200万円×0.3=60万円)し、そこから自賠責保険で支払われる96万円を差し引くので、60万円-96万円=-36万円となり、払いすぎとなります。

 

よって、この場合、任意保険会社からの支払いは拒否され、自賠責保険の96万円だけが支払われることになります。

 

 

 

前のページ 「過失割合

次のページ 「損益相殺ってなに?