1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 過失割合
  4. 損益相殺ってなに?

損益相殺ってなに?

交通事故の被害者が、事故により被った損害以上の利益を得ないように、利益を控除することを「損益相殺」といいます。

 

損益相殺の趣旨は、「事故による損害賠償は適切になされるべきだが、被害者に対して実際の損害以上に利益を得させるのは不公平である」という考えからきています。

 

例えば、事故が業務中に起き、被害者に労災保険の給付金が支払われた場合、この金額が損害賠償額から差し引かれることになります。

 

よって、最終的に支払う損害賠償額は、「過失相殺」と「損益相殺」の分を差し引いた金額ということになります。

 

 

一般に、「損益相殺される利益」と「損益相殺されない利益」には、下記のようなものがあります。

 

損益相殺される利益

・労災保険法に基づく給付金

・厚生年金保険法による給付金

・国民健康保険法による給付金

・健康保険法による給付金

・自賠責保険金や政府保障事業によるてん補金

・国民年金法による給付金

・国家公務員災害補償法による給付金

・地方公務員等共済組合法による給付金

 

損益相殺されない利益

・生命保険金

・搭乗者傷害保険金

・傷害保険金

・雇用保険失業等給付金

・生活保護法による給付金

 

なお、香典に関しては、一般の会葬者から受け取ったものは控除されませんが、加害者から受け取った香典は、その金額が社交儀礼を超えていれば、被害弁償の一部として控除されることもあります。

 

また、見舞金に関しては、一般的にみて少額の見舞金は控除されませんが、社交儀礼の範囲を超えているような場合は、慰謝料の一部として控除されることもあります。