1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 過失割合
  4. ④ 「自転車と自動車の事故」の過失割合

④ 「自転車と自動車の事故」の過失割合

自転車と自動車の過失割合は、自転車の過失割合の方が有利に判断されます。

 

イメージとしては、歩行者とバイクの中間ぐらいです。

 

自転車と自動車の事故の場合、自転車の立場の方が弱いので、自転車の過失割合の方が大きいケースはあまりありません。

 

例外的に、自転車の過失割合が大きくなるケースとしては、「信号機のある交差点での事故で、直進する自転車の信号機が赤、直進または右折する自動車の信号機が青や青矢印の場合」があります。

 

加算要素と減算要素

以下の要素により、自転車の過失割合は加減算される可能性があります。

 

加算要素(自転車の過失割合が増える要素)

・酒酔い

・脇見運転

・二人乗り

・自転車に著しい過失があった場合

 

減算要素(自転車の過失割合が減る要素)

・児童、幼児

・高齢者

・車の著しい過失…脇見運転、酒気帯び運転、携帯電話の使用など

・車の重過失…居眠り運転、酒酔い運転、無免許運転など