1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 過失割合
  4. ⑤ 「高速道路上の事故」の過失割合

⑤ 「高速道路上の事故」の過失割合

「高速道路上の事故」の過失割合は、「一般道の事故」の過失割合とは、大きく異なります。

 

高速道路は一般道と異なり、

 

・基本的に歩行者がいない

・制限速度が高い

・信号がない

 

などの違いがあるため、それが過失割合にも影響するのです。

 

高速道路では、

 

・車の流れを阻害する行為については、過失割合が大きくなる

・後続車への安全確保に対する考慮がより重視される

 

という特徴があります。

 

これは、一般道と比較して車のスピードが速いため、本線車道での車の流れをスムーズにしないと、後続車と事故を起こすリスクが上がるからです。

 

このように、高速道路上の事故については、一般道以上に重大事故が起こる可能性が高いため、厳しい基準が設けられています。