1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 後遺症・後遺障害
  4. 事前認定と被害者請求はどっちが有利?

事前認定と被害者請求はどっちが有利?

後遺障害等級認定の申請手続きには、以下の2つの方法があります。

 

① 事前認定…加害者の任意保険会社が申請手続きを行ってくれる方法
② 被害者請求…被害者自らが直接申請手続きを行う方法

 

いずれの方法も、加害者側の「自賠責保険会社」に必要書類を提出し、損害保険料調査機構による調査を経て、認定結果が出る点は同様です。

 

しかし、被害者の後遺障害等級認定にとって有利なのは、「被害者請求」の方です。

 

以下では、それぞれの方法を説明しつつ、メリットとデメリットを比較したいと思います。

 

①事前認定

事前認定の場合、加害者の保険会社が申請手続きを行ってくれます。

 

任意保険会社に対して、病院への問い合わせや資料の取り寄せを許可する同意書と後遺障害診断書を出しておけば、あとは任意保険会社が手続きを代行してくれます。

 

このように、資料収集などの手間がかからないのが、事前認定のメリットです。

 

ただし、事前認定にもデメリットがあります。

 

それは、加害者側の保険会社は、単に必要書類を収集・提出するだけで、被害者の後遺障害等級認定が有利になるような努力を一切しない点です。

 

加害者の保険会社は損害賠償を支払う立場なので、被害者の後遺障害の等級が上がると支払い額が増えてしまいます。このような状況で、加害者側の保険会社に期待するのは現実的ではないでしょう。

 

 

②被害者請求

被害者請求は、被害者自らが直接申請手続きを行う方法です。

 

被害者請求には、事前認定と比べると、手間がかかるというデメリットがありますが、それを上回るメリットがあります。

 

被害者請求のメリットは、

 

・提出する資料を把握できること

・事前認定と比べて早く認定結果が分かり、早期に保険金が支払われること

 

の2つです。

 

まず、最大のメリットは、前者の提出資料を把握できる点です。

 

事前認定の場合、どのような資料が任意保険会社から提出されたかをチェックすることができません。

 

場合によっては、提出の際に任意保険会社の顧問医の意見書が添付され、それが被害者にとって不利に働くケースもあります。

 

被害者請求の場合、このようなことが起きないように提出書類をチェックできますし、不利な事情がある場合は、それを補う文書を作成して提出することができます。

 

また、自分に有利なMRIやレントゲンなどの画像所見や各種検査結果等も提出できます。

 

このように、提出書類へのコントロールが及ぶという点が、被害者請求の最大のメリットです。

 

次に、被害者請求の場合、事前認定と比べて認定結果が早く分かり、認定されると先行的に自賠責保険分の保険金が支払われるというメリットもあります。

 

そのため、被害者請求を行えば、最終的な示談交渉を行う前に、ある程度まとまったお金を手に入れることができるため、経済的な余裕が生まれます。

 

このような点も被害者請求のメリットでしょう。

 

なお、被害者請求をする際には、まず交通事故証明書を取得してください。

 

交通事故証明書には、加害者が加入している自賠責保険会社が記載されていますので、連絡をとり、被害者請求用の書類一式を送るように依頼すれば、必要書類を手に入れることができます。

 

▼提出書類一覧