1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 後遺症・後遺障害

後遺症・後遺障害

事故によって後遺症(後遺障害)が残ってしまった場合の重要ポイントはたった1つです。



それは、



後遺障害等級の認定をいかに上げるか



という点です。



以下では、まず後遺障害等級の意味や認定の流れを説明した後、後遺障害等級を上げるためのポイントを解説していきたいと思います。

 

そもそも後遺障害等級ってなに?

後遺障害等級とは、簡単にいうと、後遺症の症状の重さの程度に応じてランク分けがなされているもので、第1級から第14級までの14段階に分かれています。



ランク分けの根拠になっているのは自賠法で、後遺障害の等級によって様々な後遺症の症状が分類されています。



参考:後遺障害別等級表



この後遺障害等級で、絶対に知っておかなければいけないのは、認定された後遺障害の等級によって、支払われる損害賠償額が大きく違うということです。



認定が1級違うだけで損害賠償額に数百万円の差が出てくることも多いため、後遺障害等級の何級に認定されるかが、損害賠償請求にとって非常に重要なのです。


 

後遺障害等級認定の流れ

後遺障害等級認定の流れは以下のようになります。



①症状固定後に、医師に後遺障害診断書を書いてもらう
②その診断書と損害賠償請求書を保険会社に提出
③損害保険料算出機構が認定を行い、支払い額を決定する



まず、これ以上治療を継続しても回復が見込めないと医師が判断した段階(症状固定)で、後遺障害診断書を書いてもらい、診断書と損害賠償請求書を保険会社に提出することになります。



次に、提出された資料をもとに、損害保険料算出機構(自賠責損害調査事務所)という組織が、後遺障害の認定を行います。



この自賠責損害調査事務所は、面談による審査ではなく「書面審査」が基本となります。



そのため、医師の書いた「後遺障害診断書」の記載内容が、後遺障害等級認定にとって決定的に重要な証拠になります。



なお、後遺障害等級認定の結果が分かるまでに要する期間は、通常、申請してから1ヶ月~2ヶ月くらいです。

 

後遺障害等級認定を上げるためのポイント

ここまでの説明で、後遺障害等級の意味や認定の流れは分かって頂けたと思います。



特に、「認定等級が1級違うだけで損害賠償額が大きく変わる」という点や「後遺障害等級の認定は書面審査である」という点が重要ですので覚えておいて下さい。



ここからは、上記の話を前提に、後遺障害等級を上げるためのポイントについて解説します。



後遺障害等級を上げるために重要なのは、



・症状の裏付けとなる客観的な医学的所見があるかどうか
・治療が定期的に行われているか、各症状が消失することなく一貫して継続しているか
・事故と後遺障害の関連性はあるか



といった点です。



まず、後遺障害等級の認定は書面審査なので、MRIやレントゲンなどの画像所見や各種検査結果等の客観的な書面資料があるかどうかが重要になってきます。



このような資料がなかったり、後遺障害診断書の記載内容に「改善の可能性がある」などの記載があったりする場合は、認定結果が不利になる可能性が高いです。



次に、治療の継続性も重要です。



治療状況として、1ヶ月以上の治療中断期間があると、現在残っている症状は後遺障害ではないと判断されることがよくあります。



また、毎月の診断書に記載されている傷病名の一貫性も重要で、途中で傷病名がなくなっていると、等級認定にとってマイナス評価になります。



さらに、事故状況と後遺障害の間に関連性があることも重要です。



事故日からしばらく経過した後に症状が出ていると、関連性を疑われる可能性があります。



以上のように、後遺障害等級の認定を有利にするためには、事故後の早い段階からの準備が大切になります。



事故後の早い段階で、交通事故案件に詳しい弁護士に相談し、治療段階から関与してもらうのが、後遺障害等級認定を有利にする上で、最も確実な方法でしょう。