1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故の基礎知識
  3. 示談
  4. 示談前に必要な準備

示談前に必要な準備

示談前に必要な準備は、

 

① 損害額を確定させること
② 正確な過失割合を知ること
③ 必要な書類を準備しておくこと

 

の3つです。

 

以下、順番に解説していきたいと思います。

 

①損害額を確定させること

まず、示談交渉の大前提として、損害額が確定していることが必要となります。

 

損害額の確定のためのポイントは、以下の点です。

 

・交通事故の類型(傷害事故、後遺傷害事故、死亡事故、物損事故)ごとに損害項目を漏れなくピックアップすること

・損害額の算定に大きく影響する「収入額」や「後遺障害等級」に関しては、なるべく自分の有利になるように努力すること

・支払基準は最も高い「弁護士会基準」で算定すること

 

示談交渉の段階で、被害者からの提示額は減額されていくのが普通ですので、最初の段階では、できる限り大きな額を提示することが重要です。

 

参照:損害賠償の基礎知識

 

②正確な過失割合を知ること

次に重要なのは、正確な過失割合を知ることです。

 

損害項目を漏れなくピックアップして損害額を積み上げても、過失割合が不利だと、損害賠償総額は大きく減額されます。

 

過失割合を有利にするには、

 

・該当する事故類型を正確に知ること

・自分に有利な証拠を集めること

 

が重要です。

 

まず、前者に関してですが、過失割合というのは、1つ1つの事故別に判断されるのではなく、

 

・○○の状況における基本過失割合は「△:□」

・Aという事情があれば被害者の過失を加算、Bという事情があれば被害者の過失を減算

 

というようにパターンが決まっています。

 

なので、自分の該当する事故類型を正確に知ることが重要なのです。

 

保険会社が参考にすることが多いのは、判例タイムズという本ですので、自分の該当する事故類型を知りたいときは、保険会社に連絡して、

 

「今回の事故の過失割合に関して参考にしている判例タイムズの該当ページをコピーして送って下さい」

 

といえばOKです。

 

事故類型が分かったら、次に、自分に有利な証拠を集めましょう。

 

一番強力な証拠は、警察が作成する実況見分調書ですので、早い段階で取り寄せておいて下さい。

 

実況見分調書は、被害者が警察に問い合わせて取り寄せることもできますし、弁護士に頼んで取り寄せることもできます。

 

③必要な書類を準備しておくこと

示談交渉を始める前には、以下のような書類を準備しておくことが必要です。

 

請求に必要な書類は、原則として被害者がそろえなければいけませんので、早い段階で準備しておきましょう。

 

事故の発生や状況に関する書類

○交通事故証明書
…事故の発生日時や場所、事故状況を警察が証明してくれる書類。

○事故発生状況報告書
…提出者が自分で事故発生時の状況と現場の見取り図を書いたもの。

 

身体に受けた損害に関する書類

○診断書
…ケガをした日、治療日数、症状の内容が記載されており、治療を受けた病院の窓口で申請することができます。

○後遺障害診断書(後遺障害事故の場合)
…受傷日や症状固定日、医師の所見などが記載されており、症状固定と診断されたら、担当医と相談し、作成を依頼します。

○死亡診断書(死亡事故の場合)
…死亡日時や死因などが記載されており、遺族が申請できます。

 

損害賠償額を証明する書類

○診療報酬明細書
…治療を受けた病院で申請します。

○領収書
…入院雑費や付添費用、交通費などは忘れずに取っておきましょう。

○給与明細書または源泉徴収票
○確定申告書の写し(自営業者の場合)
○休業損害証明書

 

身分を証明する書類

○戸籍謄本、除籍謄本(死亡事故の場合)
…交通事故で被害者が死亡した場合、被害者と相続人の相続関係を立証するため「戸籍謄本」と、被害者が死亡したことを証明する「除籍謄本」が必要となります。