1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 京都府の交通事故に強い弁護士一覧
  4. 松村法律事務所

松村法律事務所

住所
京都府京都市中京区丸太町通烏丸東入光リ堂町420 京都インペリアルビル5F
アクセス
地下鉄丸太町駅徒歩30秒
営業時間
月~金 9時~21時(夜間も予約には対応)
定休日
土・日・祝日(予約には対応致します)

松村法律事務所の特長

  • 40年のキャリアと若手のW対応
  • 弁護士直通電話有、ネット予約有
  • 電話相談と初回事務所相談は無料

①保険会社提示の示談金額に納得できない方、ご相談を!<特に追突事故>
②自分の保険(人身傷害特約)で治療をされている方、裁判基準での慰謝料を獲得しましょう!ご相談下さい!

<当事務所が選ばれている6つの理由>
・相談の際は、事故後の流れをゆっくりご説明
・被害者と加害者、いずれの立場の方でもご対応
・弁護士への依頼で、保険会社との交渉負担減少
・保険会社の社内基準でなく、裁判例に基づく基準での示談交渉により金額UP
・弁護士資格に基づく警察文書の開示で事故内容を正確に把握
・すでに保険会社から示談金額提示がある場合には着手金なしの完全成功報酬制

松村法律事務所の弁護士費用

項 目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税抜)【初回は無料】
着手金 訴訟で請求していく金額の10%
報酬金 訴訟の結果得た金額の10%

松村法律事務所が回答している交通事故Q&A

事故後に物損事故から人身事故への切り替えは可能でしょうか
交差点で停車中に後ろから追突される事故に遭いました。10対0で相手の責任になりました。けがの方も、背中に少し痛みがあったので1度だけ通院しました。大したことないしと思い、この時は人身事故扱いにはしません…

事故からの経過期間

事故からどれだけの日数が経過しているかが重要です。
1か月も経過してから再度通院して人身切り替え、となると、
負傷と事故の因果関係に疑義が生じ、警察も人身への切り替えを渋ります。
とはいえ人身に切り替わる可能性はありますので、診断書をもって、すぐに
警察に人身への切り替えを依頼してください。

交通事故に遭い、車を運転するのが怖くなったことの慰謝料請求
交通事故が原因で、心的外傷後ストレス障害(車を運転するのが怖くなりました。医者には通院していますが、なかなか治りません。)を患いました。事故は相手の方の過失によるもので、相手方もそのことを認め、謝罪…

精神的な問題について

事故が原因で精神的な障害を被ったという立証は中々難しいです。
また、仮に診断書でそのように書いてあったとしても、それを
慰謝料額としてどう算定するかは非常に難しい問題です。
事故で後遺障害が残ったのと同じという風に見て、慰謝料請求
することが考えらますが、認められることが確実とはいえないです。

人身事故で保険金以外の金銭的要求をされたら、支払うべきですか?
買い物からの帰り道で青信号を右折したところ、横断歩道を直進中の自転車と衝突してしまいました。相手の方は救急車で近くの病院に搬送されましたが、幸い全身打撲で入院もしなくて済みました。なので、保険会社と…

相手の不当な要求への対応

相手の要求は不当なものです。
事故により生じた損害については、保険会社が保険金支払いという形で対応します。保険を使ってしっかり治療いただいて、その余の損害も保険でしっかり対応するということで、誠意としては十分なのです。
もし相手が不当な要求をあくまで続けるようであれば、無視するか、相手から裁判をかけてくるのを待つか、それとも、こちらの方から先手を打って「相手の不当な要求に応じる義務はない」ことを確認してもらう、債務不存在確認訴訟をこちらから提起するか、のいずれかにならざるを得ないと思います。

過失割合0・むち打ちの交通事故でのおおよその保険総額が知りたい
停車中の車に、後ろから追突されるという交通事故に遭いました。もちろんわたしは停車していたので、過失割合はわたしが0で相手方が10でした。相手方にけがはありませんでしたが、わたしはむち打ちの症状で3ヶ月経…

想定額

事故被害に遭われ大変でしたね。
追突むちうち症状の場合、事故後6か月程度で医師が症状固定の診断をする場合が多いです。
その場合、通院慰謝料額としては大体89万円程度になります。
もちろん、後遺症の診断が出たり、休業を余儀なくされた場合には、この通院慰謝料のほかに、休業損害、後遺症慰謝料、逸失利益の賠償を求めることができます。
ともかく、医師から治療終了の診断が出ない時期に、保険会社から治療打ち切りを迫られない
ためにも、今の段階から弁護士に保険会社との交渉を依頼しておくのがベターだとは思います。

原付での追突
前の車が左折しようとウインカーがでて走行。 しかし、車が急ブレーキをかけたので、追突回避できず、原付でぶつかってしまいました。 この場合、10対0で、原付が悪いのでしょうか? 相手は、怪我もなくすぐ…

過失割合について

100:0と判断される可能性が高いと思います。
実況見分調書などで急ブレーキであることが明白であるような場合には
車にも過失が出てくる余地はありますが、基本的には100:0だと
思います。
当職が担当した過去の同内容の事故でも、100:0と判断されました。

体も痛み、衝突も回避しようがなかったというお気持ちはお察しいたしますが、
結論としては上記のようになると思います。

松村法律事務所の解決事例

交通事故当事者間の責任割合
▼相談内容
相談者のAさんは、交通事故に遭いましたがドライブレコーダーなどが無く、「事故がどちらの責任か」という部分で相手と揉めている状況で来所されました。事故後すぐに事故当事者双方に保険会社が示談代行に入りましたが、保険会社は自社の契約者の言い分に基づいて交渉しますので、結局事故の責任割合について話がまとまらないということでした。

▼弁護士対応
そのため、当事務所はまず資格に基づいて警察の記録を取り寄せ、警察作成の「物件事故報告書」を精査した上で、裁判の場で、依頼者様の責任割合が極めて少ないことを主張立証していきました。相手への請求額はupする一方、相手の車両損害などについての賠償責任負担額を少なくすることができました。

▼結果
特に、このご相談者様は自動車保険の「弁護士費用特約」に加入されていたため、弁護士に報酬を支払うことなく、保険会社の負担で事故後の対応を弁護士に依頼することが可能な状況でしたので、Aさんは金銭的な負担をすることなく、合理的な解決となりました。
「事故車扱い」となり下落した車の価値を損害として請求
▼相談内容
Bさんは交差点の信号待ちで停車中、後方から走行してきた車に追突されました。この事故によりBさんの車は損傷した上、この事故で「事故車」となり価値が下落してしまいました。Bさんは、買ってからそれほど時間が経ってない大切な車が「事故車」扱いになり価値が下がった分の損害について、相手保険会社に賠償を求めていましたが、保険会社側はこれを拒否しました。そこで、当事務所にご相談されました。

▼弁護士対応
当事務所は、車種や購入時期、事故による車の損傷の程度を把握し、同種の裁判例を調査した上で裁判を提起し、修理にかかる費用の少なくとも数%に相当する金額について、車の価値が低下していると主張しました。

▼結果
訴訟の結果、修理費用の7%に相当する金額について、車の価値下落があるという認定のもと、和解が成立しました。
保険会社提示の慰謝料額から大幅UP
▼相談内容
道路外の施設から道路に進入してきた車両と接触し、乗っていた原付と共に転倒してお怪我を負われた相談者様が、相手保険会社から提示された慰謝料に納得できないとご来所されました。

▼弁護士対応
警察から物件事故報告書を取り寄せて責任割合を確認すると共に、裁判で認められる基準額での慰謝料支払いを強く主張しました。

▼結果
当初保険会社が提示してきた慰謝料額よりも30万円アップで合意を取り付けることができました。
こちらの方から妥当な示談額を要求
▼相談内容
不注意だった車両に衝突され、乗っていた原付と共に転倒し大怪我を負われたご相談者様が、退院後、保険会社との一切の交渉の代理をお願いしたいとご来所されました。

▼弁護士対応
受任後すぐに相手保険会社に受任通知を出し、退院後の通院治療もしっかり対応していただくよう念押ししました。一度治療の打ち切りを示唆されましたが、担当医師に照会をかけ、まだ治療が必要である旨の回答を保険会社に提示したところ、しっかり最後まで治療費が支払われました。その後の示談交渉でも、こちらの方から先んじて妥当な賠償額を請求提示したところ、要求通りの額で示談合意ができました。保険会社基準と比べ数百万円UPした額で早急に示談ができ、ご依頼者様にも喜んでいただけました。

▼結果
当初保険会社が提示してきた慰謝料額よりも30万円アップで合意を取り付けることができました
人身傷害特約を使った後、慰謝料を請求!
▼相談内容
自分の保険(人身傷害特約)を使って治療し、治療後に保険会社から慰謝料を払ってもらったが、額に納得できないと言って来所されました。

▼弁護士対応
裁判基準で計算したところ、更に加害者に慰謝料請求が可能と判明したため、訴訟を提起し、更に30万円の慰謝料の獲得ができました。

松村法律事務所の風景

松村法律事務所の風景1
松村法律事務所の風景1
松村法律事務所の風景2
松村法律事務所の風景2

アクセス

京都府京都市中京区丸太町通烏丸東入光リ堂町420 京都インペリアルビル5F
最寄り駅:地下鉄烏丸線丸太町駅

松村法律事務所へのお問い合わせ

080-9605-6955
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

対応地域
全国47都道府県対応
営業時間
月~金 9時~21時(夜間も予約には対応)
定休日
土・日・祝日(予約には対応致します)
特色
・相談無料
・土日相談可能
・実績多数
・完全個室
・24時間予約受付
・女性スタッフ対応
・夜間相談
・電話相談
松村法律事務所へのお問い合わせ

080-9605-6955
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

00時12分現在、電話受付時間外です。
メールフォームよりご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
全国47都道府県対応
営業時間
月~金 9時~21時(夜間も予約には対応)
定休日
土・日・祝日(予約には対応致します)
特色
・相談無料
・土日相談可能
・実績多数
・完全個室
・24時間予約受付
・女性スタッフ対応
・夜間相談
・電話相談