1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 大阪府の交通事故に強い弁護士一覧
  4. ウィン綜合法律事務所

ウィン綜合法律事務所

住所
大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル901
アクセス
JR「大阪駅」より徒歩11分 地下鉄「淀屋橋駅」徒歩10分
営業時間
月~金 9時30分~18時
定休日
土・日・祝日(ご予約により対応可能の場合があります。)

ウィン綜合法律事務所の特長

  • 適正な損害賠償額の取得を目指す
  • 法的紛争のストレスを軽減します
  • 弁護士費用をお見積もりします

ご相談には親身に対応致します。

「本当はお金の問題じゃない。もとの身体に戻して欲しいだけなんです。」

ご相談の際に、このように仰る方が多くおられます。そのお気持ちは、私達にも痛いほど分かります。ただ、交通事故により損害を受けた被害者は、法律では、受けた損害を金銭で賠償してもらうことしかできません。

ところが、保険会社からの最初の保険金提示金額は、損害に見合った額でないことも多いのです。保険会社は必ずしもあなたの味方とは限らないのです。

弁護士に相談して頂ければ、適正な損害賠償を得られる可能性が高くなります。まずはご相談下さい。

ウィン綜合法律事務所の弁護士費用

相談料 30分 5400円(消費税込)
着手金 着手金・報酬金制の場合は、大阪弁護士会法律相談センター基準に依ります。
成功報酬 成功報酬制の場合は、獲得金額の35%(税別)~要相談。

ウィン綜合法律事務所が回答している交通事故Q&A

加害者に対する制裁が軽すぎませんか?
自宅から徒歩10分の場所の、信号機のある交差点です。私は自転車に乗っていて歩道を走行していました。そして、青信号だったのでまっすぐ直進して横断歩道を渡ろうとしたところ、主婦と思われる年齢の女性が運転…

(示談後の?)加害者に対する慰謝料請求の可能性

大変な目に遭われましたね。
私も、あなたのようなご相談も何度か受けたことがありますし、交通事故の被害者になったこともありますから、お気持ちは分かるつもりです。

ご存じと思いますが、交通事故の加害者には刑事責任(自動車運転過失致傷などの刑罰)・行政責任(免許停止などの行政処分)・民事責任(損害賠償)の3つの責任が生じ得ます。

刑事責任については、捜査の上、検察庁が起訴する(刑事裁判にして刑罰を科す手続にのせる)かどうかを決定しますので、被害者の意向はある程度処分に反映されることもありますが、被害者の方から起訴できるわけではありません。なお、不起訴処分に不服があれば、検察審査会に審査の申し立てをすることも考慮に値するでしょう。

行政処分についても、処分そのものに被害者の方の意向が、そのまま反映できるわけではありません。

上記の2つの責任は、被害者の方への損害賠償をきちんと済ましていても発生します(例えば、交通事故で人を死なせた場合、保険で損害賠償をすれば刑事事件を免れるかといえば必ずしもそうではありません。行政処分も同じです。)。ですから、これらには加害者の交通規範無視という態度に対する、社会的制裁という意味合いがあるかと思います。

今回の案件は、保険金が出ているようですから人身事故として警察にも届けられており、少なくとも捜査はされたはずです。検察庁の判断が決まるまで、加害者は裁判になったらどうしようと精神的に落ち着かなかった可能性が高いでしょう。また、免停などの行政処分もなされていると思われます。


残るは民事責任ですが、現行民法では懲罰的損害賠償は認められていませんので、民事責任の追及は、被害者の方の被害を回復するための手段と考えて下さい。つまり民事責任の場面では、損害を賠償すれば足りるので、賠償額で制裁を科したり加害者に反省を促すことは想定されていないと思われた方がよいでしょう。

また、非常に危険な目に遭われたことは間違いないようですが、民事責任は基本的には、現実に生じた損害に対する賠償となります。
たとえば、あなたが何気なく展望台から小石を投げたところ、あなたの見えないところに人がいて、その人の頭部近くを石が通過したとしたとしましょう。その人から、「当たり所が悪ければ死んでいた。高額の損害賠償を求める。」といわれても、実際には怪我などの被害は生じていないのですから、その人が怖い思いをして精神的に傷ついたという慰謝料が問題になるだけなのですね。

確かに、他の先生が回答されているように、慰謝料が低めであった可能性はあります。ただ、保険会社との交渉で、その金額で納得され示談してしまった以上、残念ながら民事責任についてこれ以上請求することは困難だと思われます。

万一、このようなことが起きた場合には、保険会社と示談してしまう前に、弁護士さんにご相談されることをお勧め致します。

ウィン綜合法律事務所の風景

ウィン綜合法律事務所の風景1
当事務所のエントランスです。
ウィン綜合法律事務所の風景2
当事務所の相談室です(個室になっております)。

アクセス

大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル901
最寄り駅:JR「大阪駅」 地下鉄「淀屋橋駅」

ウィン綜合法律事務所へのお問い合わせ

06-6360-6110
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

対応地域
大阪府
営業時間
月~金 9時30分~18時
定休日
土・日・祝日(ご予約により対応可能の場合があります。)
特色
・土日相談可能
・完全個室
・出張対応
・夜間相談
・分割払い
ウィン綜合法律事務所へのお問い合わせ

06-6360-6110
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

19時41分現在、電話受付時間外です。
メールフォームよりご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
大阪府
営業時間
月~金 9時30分~18時
定休日
土・日・祝日(ご予約により対応可能の場合があります。)
特色
・土日相談可能
・完全個室
・出張対応
・夜間相談
・分割払い