1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 東京都の交通事故に強い弁護士一覧
  4. 神田須田町法律事務所

神田須田町法律事務所

住所
東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原ビル4F、5F(受付)
アクセス
秋葉原駅徒歩約2分
営業時間
月~金 9時00分~18時00分(事前予約の場合は別途対応)
定休日
土・日・祝日(事前予約の場合は別途対応)

神田須田町法律事務所の特長

  • 被害者のために最善を尽くす事務所
  • 新進気鋭の弁護士による迅速な対応
  • 交通アクセス抜群

当事務所では、適正な権利利益実現のため常に最善を尽くしています。
 
交通事故に関しては、大半の場合加害者側車両に任意保険が付されており、ほとんどが保険会社という「プロ」との交渉になりますが、保険会社の見解は、本来認められるべき金額より少ないものであるのが通常です。相手方保険会社も、従前の判例等をもとにして個別の基準により判断しているようですが、あくまで賠償金を支払う側ですから、被害者側の見解と相違するのが通常です。

保険会社に対抗し、こちらも適正な権利利益の保護を図るためには、「武装」して臨む必要があります。そういった意味では、安易な妥協を行うべきではなく、戦うべきところは戦わねばなりません。

なお、戦い方としては、交通事故の場合は、訴訟に限らず、紛争解決のための專門の第三者機関も充実しており、事案の性質や依頼者様のご意向に即した手段の選択が可能となっております。
当職としましては、状況に応じて戦術を駆使して、適正な権利利益実現を図っていきたいと考えております。

なお、事前予約頂いた場合は時間外対応について別途検討いたしますが、予約がない場合の時間外対応は困難となります。

神田須田町法律事務所の弁護士費用

相談料 実質費用負担なし
着手金 事案により着手金方式又はタイムチャージ方式を選択(弁護士費用特約利用の場合)
成功報酬 事案により報酬金方式又はタイムチャージ方式を選択(弁護士費用特約利用の場合)

神田須田町法律事務所が回答している交通事故Q&A

バイク自損事故の後の車による追突事故の過失割合
バイクでスリップしてしまうという自損事故を起こしました。転倒した衝撃と痛みで、事故直後バイクは道路に倒れたまま私は道路端にうずくまっていました。すると、後続車が来て倒れていた私のバイクにぶつかりまし…

相手の方が過失が大きいというべきでしょう。

基本的には追突事故の類型と思われ、後方車両に前方注意義務がありますが、駐停車禁止場所の場合には、貴殿に一部過失が認められる場合もあります。
本件のような退避困難な場合に貴殿の過失が認められるか否かという問題はありますが、認められるとしても、上記事情を前提とすれば、1~2割程度というべきではないかと思います(この点は異なる考え方もあり得ますが、急停止の場合も基本3割とされます)。

相手方と根本的な見解の相違がある場合、訴訟提起等の法的手続が必要となる可能性がある点にご留意頂く必要があります。

実況見分調書の記載内容について
交通事故の被害者で、実況見分調書の開示を待っています。(弁護士さんに依頼することを考えています) 事故の目撃者が警察署に呼び出されて話した内容は供述調書に記載されると思いますが、実況見分調書には、目撃…

開示を受けてみないとわかりません。

一般論からの推測になりますが、目撃者が見当たらない場合には、主に担当警察官と被疑者によって、現場の状況等を指示した写真や図面が記載されます。

もっとも、目撃者が判明しており、目撃者も同行あるいは被疑者と別の機会に実況見分を行なった場合には、目撃者による現場状況指示等が記載される場合もあります。

したがって、担当警察官がどのような実況見分を実施したかによりますので、実際に実況見分調書の開示を受けるまでは、本件における記載内容について明確には分かりません。

事故
駐車場で、バックしたら車が来てる事に気づかずぶつかった!相手の車はクラクションを鳴らさずバックして来たと思ったが間に合わなかったと話されてました!どっちが悪いですか?

具体的状況によります。

上記の事情だけでは分かりかねますが、一般的には後退車両の方が注意義務が大きいとされますので貴殿がバックして、相手方が停止またはそれに近い状態であれば、貴殿の方が過失が大きいとなる可能性があります。
相手方がクラクションを鳴らさなかった点は、反論として主張する余地はあるかもしれません。

詳細に関しては、弁護士との面談相談をご検討頂いたほうがよいと思われます。

バイクの巻き込み事故の過失割合についての質問です。
バイクでの巻き込み事故に遭いました。当方バイクで直進走行中、ちょうど追い越した車が店舗駐車場へ入るために左折し、巻き込まれてしまいました。当方に過失は無いと思っていたのですが、9:1で過失ありと保険会…

修正要素の立証の可否によります。

ご指摘の事案累計ですと、左折自動車:直進バイク=9:1が基本とされていますので、相手方はかかる前提に立っているものと思われます。
ご納得されないかもしれませんが、駐車場入り口ではバイク側にも、駐車場に入る自動車の存在に注意する義務があるという前提に立っているものと思われます。

過失ゼロとするためには、相手方の過失修正要素、例えば15キロ以上のスピード違反や、携帯電話の使用、わき見運転等を主張立証する必要があります。
詳細に関してここでご回答することは困難ですが、防犯カメラ画像や目撃者等の検討が必要と思われます。

Uターン事故
右折の表示も出る交差点でお互いが黄色での発進でした。 相手はバイクでUターン、私たちは直進でした。 物損事故のみで相手のバイクはほぼ無傷でした。 私たちの車の斜め後ろから追突。 保険会社の過失割合…

Uターンの立証の可否によるでしょう。

まず、相手方バイクとの衝突位置の他、相手方バイクの衝突箇所(左側、あるいは後方か)等の諸事情から、Uターンの事実を立証できるか否かによります。

仮に、相手方バイクがUターンしていたとの前提に立つ場合には、Uターンバイク:直進自動車=7:3が基本とされますので、5:5は不当な可能性が高いでしょう。

一方で、もしUターンまで認定できず、右折車両との衝突類型とした場合には、バイク:自動車=4:6が基本とされますので、相手方保険会社はかかる前提に立っていると思われます。

事実関係に争いがある場合、訴訟提起が必要と見込まれますので、訴訟を含めた対応を検討頂く必要があるでしょう。

神田須田町法律事務所の解決事例

後遺障害等級14級事案で、人損分につき約90万円増額した例
▼事件内容
Aさんは公道上を走行中、後方車両から加害車両が追突してきました。この事故によりAさんは、頸椎捻挫、腰椎捻挫、背部打撲、腹部打撲の怪我を負い、約1年間入通院を行ないました。また、事故による怪我から後遺症が残り、後遺障害等級14級9号と認定されました。過失割合については、0:100で争いのない事案です。

▼弁護士対応
当事務所は、相手方保険会社からAさんに提示された賠償額を精査するため、まず相手方保険会社に診断書等の資料等の提出を求めました。その上で、保険会社提案内容のうち、特に後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料・入通院慰謝料額が不相当であるため、適正額の支払を求めたものの、応じなかったため、第三者機関へのADR申立を行ないました。

▼結果
ADR手続きを通じて、裁判基準に基づく支払いを求めた結果、後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料・通院慰謝料額につき、裁判意準に則った賠償を行なうことに相手方保険会社も応じることになりました。これにより、当初の提示案より、合計約90万円の増額を行なうことができました。
後遺障害非該当事案で、人損分につき約150万円増額した例
▼事件内容
Bさんは公道上を走行中、突如飛び出してきた加害車両と衝突してしまいました。この事故により、Bさんはろっ骨・手骨骨折、胸部打撲等の症状により、約1年強の間入通院を行ないました。ただし、後遺障害等級は非該当と判断されました。また、相手方保険会社は、過失割合につき1:9と主張していました。

▼弁護士対応
まず、相手方保険会社から診断書や給与明細等の資料を送付いただき、損害内容につき検討を行ないました。その上で、相手方保険会社から賠償額の提示を受けたものの、特に入通院慰謝料・休業損害額が不相当な金額でした。そこで、相手方保険会社に適正額の支払いを求めたものの、応じなかったため、第三者機関へのADR申立を行ないました。

▼結果
ADR手続においても裁判基準での賠償を求めた結果、相手方保険会社は、入通院慰謝料につき裁判基準で、休業損害につき当方主張に沿った賠償に応じることとなりました。また、過失割合についても、5:95とし、当初より当方有利な内容となりました。これにより、当初の保険会社提示額より約150万円増額することができました。

神田須田町法律事務所の風景

神田須田町法律事務所の風景1
事務所ビルの外観です
神田須田町法律事務所の風景2
事務所1Fエントランスになります

アクセス

東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原ビル4F、5F(受付)
最寄り駅:JR・TX・東京メトロ日比谷線秋葉原駅

神田須田町法律事務所へのお問い合わせ

03-6859-7313
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

対応地域
埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
営業時間
月~金 9時00分~18時00分(事前予約の場合は別途対応)
定休日
土・日・祝日(事前予約の場合は別途対応)
特色
・土日相談可能
・実績多数
・出張対応
・夜間相談
・電話相談
神田須田町法律事務所へのお問い合わせ

03-6859-7313
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
営業時間
月~金 9時00分~18時00分(事前予約の場合は別途対応)
定休日
土・日・祝日(事前予約の場合は別途対応)
特色
・土日相談可能
・実績多数
・出張対応
・夜間相談
・電話相談