1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 東京都の交通事故に強い弁護士一覧
  4. 島田敬介法律事務所

島田敬介法律事務所

住所
東京都千代田区神田須田町2-2-7 TOHAN須田町ビル2階
アクセス
秋葉原駅から徒歩5分
営業時間
月~金 9時~19時
定休日
土・日・祝日

島田敬介法律事務所の特長

  • 迅速な対応
  • 丁寧な説明
  • 豊富な経験

事故に遭われたら、早い段階で一度ご相談下さい。

交通事故に関する紛争は、過失割合や損害額など争点が多い分野ですので、専門家のアドバイスの有無によって結果が大きく異なってしまう可能性の高い種類の事件だと思います。また、人身事故の治療・通院に関してや警察の捜査に対する対応等、事故直後の対応が非常に大切と考えています。例えば、保険会社からは早期の治療費打ち切りを通告されることがありますが、裁判では、かなりの割合で必要な入通院費やこれに伴う慰謝料が認められます。このようなアドバイスを含め、事故に遭われた方には一度気軽にご相談いただければ、何らかのお役に立てるものと思っております。

また、賠償に関する交渉は、ご本人が直接対応しますと、裁判における相場よりもかなり安い示談金額を保険会社から提示されることがほとんどですので、これを知らずに示談に応じますと多大な損を被る可能性があります。事故後の示談交渉については、一度、交通事故の事件処理の経験が豊富な当事務所までご相談下さい。

島田敬介法律事務所の弁護士費用

相談料 30分につき5,000円+消費税、初回の相談のみ無料
着手金 事案によりますが、概算損害額の10~15%を目安に協議させて頂きます。
成功報酬 事案によりますが、回収額の10~20%を目安に協議させて頂きます。

島田敬介法律事務所が回答している交通事故Q&A

事故後、保険会社の人に通院を早くやめて欲しいと言われました
信号付近で、渋滞でとまっている時に後ろから追突されました。冬の夕方で、外は暗くてライトをつけている時間帯でした。うちの車はとまっていたので、過失は相手が10になりました。うちも相手方も家族連れで、相…

通院をやめる必要はありません。

治療中にもかかわらず相手の保険会社から治療をやめるように言われた(あるいは治療費の支払を打ち切ると言われた)というご相談は、確かによくお受けするご相談です。
結論から言って、治療をやめる必要はありません。どの期間治療(費)が認められるかという点は、最終的には怪我の程度や医師の診断などから判断されることですが、私の経験上で言えば、保険会社から治療費の支払を打ち切られた後の治療費であっても、その後、弁護士を介した交渉や裁判では、(少なくとも)治療費について認められるケースの方が圧倒的に多いかと思います。なお、通常、治療費のほかに通院に対する慰謝料や(事案により)休業損害等もセットで請求します。
ただし、保険会社から治療費の支払を打ち切られた場合、その後の治療費は、(一旦)自費(や自分の保険)で支払う必要がありますので、治療が終わって(医師の判断で症状固定とされたとき)全ての損害が確定してから加害者(保険会社)に請求するようなイメージかと思います。ですから、自費で治療費を支払う場合には、健康保険に切り替えて(医療機関にその旨を伝えて)治療を継続する必要があるかと思います。
保険会社の対応は様々というところがあるかと思いますが、あまりに酷い対応であれば、弁護士を間に入れることをお勧めします。

島田敬介法律事務所の解決事例

保険会社提示額よりも1400万円以上増額
信号機のない交差点で優先道路を走行していた被害者が、交差する道路を高速で走行してきた加害者両から衝突された事案でした。
被害者は、骨傷を負い(三角繊維軟骨複合体損傷という傷病名でした)、体を動かす仕事をされていた方のため、長期間仕事ができず、症状固定後も後遺障害が残ったため、まず当方で自賠責保険の被害者請求を行い、後遺障害等級12級の認定を受けました。
自営業者(土木関係会社経営者)の方であったため、基準とする収入等で保険会社の主張と大きな隔たりがあり、休業損害や逸失利益(後遺障害が残ったことで将来の減収が見込まれる損害)で争った結果、保険会社の当初提示額金約586万円(既払い金約1100万円を除く)から、最終的に既払い金を除き金2000万円の賠償額で示談しました。
過失相殺を争い、保険会社の主張を排斥
61歳の女性が自転車で横断歩道を渡ろうとしたところ、前方不注意の左折車に轢かれ、亡くなってしまった事案でした。
保険会社から金額の提示がある前に受任した事件でしたので、当方から先に裁判例等に照らした賠償額を提示し、対案の形となった保険会社からもそれなりの金額の提示はありましたが、特に遺族であるご主人の感情を酌ませていただき、保険会社の主張した5%の過失相殺は断固として争い、最終的に過失相殺なしの総額4640万円(既払金約150万円を除く)で示談した事案です。

島田敬介法律事務所の風景

島田敬介法律事務所の風景1
打合せ室
島田敬介法律事務所の風景2
応接室

アクセス

東京都千代田区神田須田町2-2-7 TOHAN須田町ビル2階
最寄り駅:秋葉原駅

島田敬介法律事務所へのお問い合わせ

03-6206-8971
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

対応地域
東京都
営業時間
月~金 9時~19時
定休日
土・日・祝日
特色
・土日相談可能
・実績多数
・夜間相談
・電話相談
・分割払い
島田敬介法律事務所へのお問い合わせ

03-6206-8971
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
東京都
営業時間
月~金 9時~19時
定休日
土・日・祝日
特色
・土日相談可能
・実績多数
・夜間相談
・電話相談
・分割払い