1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 神奈川県の交通事故に強い弁護士一覧
  4. 竹中英信法律事務所

竹中英信法律事務所

住所
神奈川県横浜市中区常盤町1-2 関内電子ビル10階
アクセス
関内駅南口出口から徒歩4分
営業時間
月~金 10時~17時
定休日
土・日・祝日

竹中英信法律事務所の特長

  • 最初の相談は、事務所以外でも可能
  • 警察、保険会社との連携も速やか
  • 示談、訴訟などの解決方法にも対応

当事務所は、最初の相談に時間をかけます。

弁護士の仕事は、まず事実を知ることから始まります。その事実に法律を適用して、その効果としての権利義務を確定し、その権利を確保すること、義務ができるだけ少なくなるように事実を補正することです。だから、最初の事実の確認に時間をかける必要があるのです。

相談はできるだけ早くすることが大切です。相談の結果、弁護士の対応が不要な場合もあります。後日の対応で良い場合もあります(後遺症などは治療期間が経過してからでないと確定できません)。でも早く相談することによって精神的に安心できます。

当事務所は、依頼者が安心して、不安を感じずに過ごせるようにすることを第一の目標にしています。

竹中英信法律事務所の弁護士費用

項 目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円 (事業の相談は除く)
着手金 解決方法によって異なり、請求額の8%~0.3%
報酬金 解決方法によって異なり、利益を受けた額の16%~0.6%

竹中英信法律事務所が回答している交通事故Q&A

物損事故扱いと人身事故扱いの補償の違いを知りたい
交通事故での〝物損〟か〝人身〟かの違いについて質問です。帰宅途中に車同士の事故にあいました。わたしの車は新車で、事故もはじめてだったため気が動転しており、とりあえず物損事故として処理されることになり…

物損事故と人身事故の補償の違い

1 どちらも実損害の補償を求めることができる
  のは同じです。
2 但し,請求の手続と,補償の確実性,補償額
  の高低が違います。
 1 人身の場合は,警察に届け出て,事故証明
  を出してもらわないと,本件のように後から
  人身傷害がわかったと言っても,事故との
  因果関係を否定されて,人身傷害の補償が受
  けられないことがあります。
 2 人身事故については,車に自賠責保険が
  必ずついていますが,この自賠責保険で人身
  事故の補償が受けられるようになっています
  物損については自賠責で補償されませんので
  支払いを受けられない可能性があります。
 3 物損については任意保険から支払われます
  が,任意保険に入っていない人もいます。
 4 任意保険は物損,人身どちらの補償も含み
  ますが,自賠責と競合する人身事故の補償額
  は,自賠責より任意保険の方が高額の補償を
  設定していることが多いので,任意保険加入
  の有無を確認することが大事です。
 5 示談ができず,裁判になった場合は,人身
  事故の場合,自賠責保険や任意保険の補償額
  よりも高い賠償金額の判決が出ることが多い
                    以上

事故相手の警察や検察での供述調書を民事の証拠として使えないか?
交通量の多い2車線道路が交差点手前で右折レーンが2レーン増設されたところでの事故でした。私は一番右側の右折レーンを走行していましたが、紙を見ながらのわき見運転をしていた車が、横を走る私の車に気が付か…

供述調書の民事証拠利用

1 交通事故について警察で捜査した資料は,捜査密行の原則から当局以外見ることができま
 せん。しかし,資料が検察庁に移行して,不起訴処分,起訴処分,判決確定後の各段階で少
 しずつではありますが,事件関係者(被害者,加害者)も捜査資料を入手することができる
 ようになります。
2 資料の入手先は警察ではなく,事件を担当している検察庁です。
  入手できる資料の種類は,①資料の種類によって異なります。実況見分調書などの客観的
 資料はおおむね入手できます。供述調書のような主観的資料(作成者の経験,意見,主張な
 ど主観が入るもの)は原則開示されません。但し例外的に,開示しても弊害が無く,開示す
 べき必要性があるものは開示されることがありますので,理由を強調して開示請求をしまし
 ょう。②また,事件処理の進行段階でも異なります。もっとも多く入手できるのは判決確定
 後です。交通事故の損害賠償請求権は3年で消滅時効にかかりますが,刑事事件の処理は判決
 確定まで待っても,3年以内に終わることが大半なので,判決確定まで待っても大丈夫でしょ
 う。
3 示談は当事者の合意で成立するので,いくら証拠があっても相手が納得しなければ示談は
 成立しません。本相談の場合,保険会社での調査も済んでいるとのことですから,それなり
 の証拠はあると言えるでしょう。それなのに相手が応じないのなら供述調書が出ても示談の
 成立は難しいと思われます。訴訟も念頭にいれて対処すべきでしょう。

竹中英信法律事務所の解決事例

交通事故ー交差点内で歩行中の子供死亡
▼事件内容
Aさんは、青信号で交差点を右折しようとしたところ、横断歩道を直進してきた子供を轢いて、子供は死亡した。Aさんはその場で行状過失致死罪の容疑で逮捕された。

▼弁護士対応
当弁護士は、Aさんが刑事事件の控訴審で実刑判決を受けた後に、最高裁への刑事上告事件を受任しました。当弁護士は刑事事件の弁護人として、被害者の親と示談交渉を開始しましたが、被害者側が応じないため、Aさんの同意を得て、民事事件の代理人として被害者側に対し交通事故の損害賠償額についての債務確認訴訟を提起しました。

▼結果
民事事件の裁判は、Aさんが掛けていた任意保険の保険会社も訴訟参加して、3者間で和解が成立しました。この和解の結果は刑事事件の上告審にも証拠として提出して採用されました。
交通事故―歩行中、自転車に轢かれて、会社に遅刻
▼事件内容
Aさんは、雨の日の早朝、会社へ出勤のために駅まで歩いていたところ、後ろから走ってきた自転車に轢かれ、転びました。運転していたのは近所の中学生の男子でした。怪我もなかったので、その場は「いいよ、いいよ」で別れました。服が汚れたので家に戻って着替えてから出勤したので会社には遅刻してしまい、上司から叱られました。その後、その中学生の親と顔を合わせる機会があったのですが、親は謝罪をする様子はありません。

▼弁護士対応
Aさんは、近所の人なので裁判などにはしたくないが、きちんと謝罪はしてほしい、との相談でした。当弁護士は、一応示談事件として受任しましたが、近所との円満な人間関係の構築、会社でのAさんの評価の回復を目標として、中学生の両親との交渉を行いました。

▼結果
中学生の両親は、Aさんの洋服のクリーニング代を弁償し、菓子折りを持参してAさん宅に謝罪に赴いたほか、会社にも行って遅刻の原因を説明して謝罪しました。

竹中英信法律事務所の風景

竹中英信法律事務所の風景1
イメージはありません
竹中英信法律事務所の風景2
イメージはありません

アクセス

神奈川県横浜市中区常盤町1-2 関内電子ビル10階
最寄り駅:関内駅

竹中英信法律事務所へのお問い合わせ

045-681-5282
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

対応地域
神奈川県
営業時間
月~金 10時~17時
定休日
土・日・祝日
特色
・実績多数
・法テラス利用可
・出張対応
・分割払い
竹中英信法律事務所へのお問い合わせ

045-681-5282
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

00時12分現在、電話受付時間外です。
メールフォームよりご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
神奈川県
営業時間
月~金 10時~17時
定休日
土・日・祝日
特色
・実績多数
・法テラス利用可
・出張対応
・分割払い