1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士を探す
  3. 東京都の交通事故に強い弁護士一覧
  4. 優和綜合法律事務所
  5. 優和綜合法律事務所の回答履歴

優和綜合法律事務所

住所
東京都墨田区錦糸4-5-8 板橋第1ビル301号室
アクセス
東京メトロ錦糸町駅5出口から徒歩1分
営業時間
平日 10時~19時
定休日
土・日・祝日

優和綜合法律事務所の回答履歴

総回答数303件中1~30件を表示
証拠を消す
器物損壊罪と証拠隠滅罪で告訴したらいいね。
5:5
通常そのように考えられているが、あなたの言うように、退出車のほうが過失の割合は重いとみる見解もあり、7:3としている。 同種事例はないかもしれないが、一度、最寄りの弁護士に相談してもいい…
過失はない
相談者に過失はないと思料する。
慰謝料支払時期
保険会社に連絡したほうがいいですね。 その後保険会社から損害提案書が送られて きます。それでよければ、免責証書という 表題の示談書が送られてきます。 それを送り返せば2週間くらいで振り込ま …
新しい車の購入代金や治療費の全額補償
全損でも新車購入価格はむりですね。 事故時の価格に限定されますね。 新車を購入して日が浅ければ新車も有りですが。 120万を越えれば任意保険で支払われます。 任意保険に加入していないときは…
物件事故と自賠責
適用可能ですね。 任意保険会社が治療費を支払った後 自賠責に請求しますが、その際人身事故 証明が必要ですが、物件事故証明書に人 身事故取得不能理由書を添付することで 代用することがよく行われ…
人身事故扱いに
水増し請求、過剰請求は、よくありがちなことなので あなたも弁護士を相談相手として、備えをしたらいい でしょう。
慰謝料過失相殺
慰謝料も過失相殺されますね。
後遺症診断
客観的な医証がないと認定されないですね。 各種検査やテストの結果が後遺症を示す 数値にならないと認定はされないですね。 それらの結果が記載される医師作成の後遺 症診断書次第ですね。
無料相談
区や市の無料相談を活用されると いいでしょう。
過失割合
相手の速度違反が15キロを超えているなら過失割合は 変わりますね。 証明できるかどうか。
整形外科か接骨院か
メインは整形外科にしないといけませんね。 月に2回くらいは行かれたほうがいいでし ょう。 医師には接骨院での治療についても話して 置く必要があります。 いずれの治療費も補償されます。
刑事罰
自動車運転処罰法5条 過失運転致死傷罪ですね。
健保と自賠責
健保は自賠責に求償することになるでしょう。
修理代
損害賠償請求書を作って送ることに なりますね。 支払がなければ調停を申立てますね。 ここまでは本人でできるでしょう。 また少額訴訟も本人でできるでしょう。 金額により、簡裁や地裁なら弁護士に…
被害者請求
相手の任意保険会社に連絡をして一括請求 ができないものか、確認するといいですね。 できないなら被害者請求の用紙を送付して もらってください。 これによりあなたが不利になることは ありませんね。
任意保険未加入
自賠責保険には入っているでしょう。 事故証明書に記載されていますね。 保険会社から連絡ないのなら、あなたから 連絡して請求方法を教示してもらってください。 必ず教えてくれます。 損害額が自賠…
物損事故と慰謝料
裁判所は、物損事故につき、慰謝料を認める ことはないですね。
休業補償
労災ではないようですね。 健康保険で傷病手当を申請したらいいですね。 給与の約3分の2について最大1年6ヶ月出 る取り扱いになってますね。 お調べになってください。 また雇用保険給付もありま…
診断書再提出の効果
業務上過失致傷の刑事事件について、担当 検事の方針が決まる前までがいいですね。 検事からあなにも連絡が来るのでその時期は わかるでしょう。 刑事は時間がかかるようです。 検事が不足しているの…
格落ち損
1、示談金は、治療費や通院費、休損などの全損害について 和解するときに使いますね。 2、評価損は損害請求できますね。
過失割合
過失割合の根拠を示してもらうことです。 その根拠と実際の事故との間に齟齬があれば、 そこを指摘することですね。
修理費以外の請求
他に事故に起因する出費があったかどうか、そのために 家事ができなかったとか、パートの仕事ができなかった とか損害があれば請求は可能でしょう。
自賠責限度を超える場合
過失割合に応じて相手方の負担ですよ。 治療費も休業補償も慰謝料も。 相手方は任意保険は入っていないんですかね。 入っていない時はやむを得ないので健康保険を 使って下さい。 支出した分は相手の…
過失割合にの基準
別冊判例タイムズとか損害賠償算定基準(通称赤本) などにモデルになる事故と過失割合の基準が出てます ね。 これをベースにしてやってますね。
複数の弁護士
名前が出てるだけで、一人もしくは二人が担当してます。 あなたのほうは一人で十分です。 特約の上限を超えることはないでしょう。 重篤な後遺障害でもないかぎりは。 弁護士費用は請求額の1割が敗…
任意保険未加入
相手の自宅や勤務先などを調べておいたほうが いいですね。 支払能力があるかどうかですね。 示談するときは弁護士に見てもらった方がいいでしょう。
過剰請求
あなたが加入してる保険会社の担当者からも、 知識を補充するといいですよ。 弁護士特約がついているなら弁護士に委任して ください。 相手の言い分は明らかに過剰請求のような気が します。 適正な…
自賠責と任意保険
任意保険のほうが高いですね。 さらに弁護士会の基準のほうが高いですね。 示談の時期は慎重に。 弁護士に相談した方がいいと思います。 保険会社の方針に巻き込まれないように。
相手の親との約束
相手の親との約束は有効です。 また、損害賠償債務を相続してましからね。 親に請求してください。
優和綜合法律事務所へのお問い合わせ

03-6456-1810
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

18時54分現在、営業時間内です。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都
営業時間
平日 10時~19時
定休日
土・日・祝日
特色
・相談無料
・土日相談可能
・分割払い