1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士を探す
  3. 東京都の交通事故に強い弁護士一覧
  4. 優和綜合法律事務所
  5. 優和綜合法律事務所の回答履歴

優和綜合法律事務所

住所
東京都墨田区錦糸4-5-8 板橋第1ビル301号室
アクセス
東京メトロ錦糸町駅5出口から徒歩1分
営業時間
平日 10時~19時
定休日
なし

優和綜合法律事務所の回答履歴

総回答数710件中1~30件を表示
飛び出し事故
一般的には、自転車飛び出し事故の場合は、5:5になりますね。
自転車事故、子供の責任
監督者として、親権者が責任を負担することになるでしょう。治療費と通院慰謝料3週間として約20万円くらいでしょう。通院が伸びれば加算されます。
休業損害証明書の作成に会社が協力してくれない
給与明細、源泉徴収票あるいは課税証明書で収入の減少を疎明し、 休業した日を、その理由を書いて、入院や通院の資料を添えて、 疎明することになるでしょう。
治療か示談か
医師の意見がどうであるのか、ですね。 治癒の見込み、症状固定の見込み、また、それらの時期についての意見ですね。 それをふまえて、他方、損害額の算定もしたほうがいいでしょう。算定に際して は…
年金暮らしの休業損害
家事労働を、休業損害として、認めた判例もあるので、主張を構成したほうが いいでしょう。
休業補償
休業補償というと労災ですかね。 症状固定して後遺障害として監督署に認定されればその等級に応じて、 障害給付がなされます。 詳細は、監督署に問い合わせるといいでしょう。 休業損害ならば、保険…
任意保険未加入
相手の治療費などについて請求がきたら、都度、払うことになりますね。 120万円までは、自賠責から回収はできますが、支払義務があるのは 加害者ですからね。 過失相殺については、慰謝料、休損な…
自動車過失運転障害の罰則
目安としては、治療期間が30日以上3か月以内の場合、罰金は、30~50 程度のようです。 支払いができないときは、労役場に1日5千円換算で、作業をさせられます。 拘置所に付設されてることが多…
加害者に請求できる損害
後遺障害診断書を作成してもらってください。 相手の保険会社は、それを審査機関に送付して、機関は、判断をします。 その結果は、あなたの手元に送られます。 後遺症損害を除くと、大きいのは、慰謝…
裁判に至った追加の慰謝料
弁護士費用は一定範囲請求できますが、裁判までさせられたことによる精神的苦痛、 慰謝料請求の増額は、いまの裁判所は認めないですね。
正式裁判の請求
略式命令を出した簡易裁判所に正式裁判の請求を書面で行いますが、簡易裁判所で 教えてくれます。 正式裁判の請求をすると、地方裁判所に回され、通常の刑事事件として審理されます。 略式命令の告知…
駐車場内事故
基本割合は、7:3ですが、相手は、少なくも20キロといっているで、 著しい過失をとって、6:4でしょうか。 あなたが6です。
危険運転致死傷罪は実刑か
過失運転致死かもしれませんね。 いずれにしても、無事故無違反歴からすると、執行猶予の 可能性が高いでしょう。
通院日数について
慰謝料は通院期間と実通院日数のかねあいで決まりますね。 通院期間は事故日から治癒と判断された期間、実通院日数は 実際に通院した日の合計ですね。 あなたの場合は、事故日から数えます。
正式裁判の請求
略式命令を出した簡易裁判所に正式裁判の請求を書面で行いますが、簡易裁判所で 教えてくれます。 正式裁判の請求をすると、地方裁判所に回され、通常の刑事事件として審理されます。 略式命令の告知…
駐車場内事故
基本割合は、7:3ですが、相手は、少なくも20キロといっているで、 著しい過失をとって、6:4でしょうか。 あなたが6です。
後方から2輪車が4輪左後部に接触 過失割合
事故状況が正確に伝わりませんが、記載されている範囲からしても、 あなたが100ということは考えられませんね。 追突に近い事故のようにも思えますが、そうすると、相手の過失 のほうが、ずっと重…
保険会社が示談を急いでいるが。
後遺障害診断書まちです。 後遺障害の有無、程度がわからないと、損害の範囲が確定しません。 したがって、示談できません。 後遺障害の認定申請は、保険会社がやってくれることが、大半です が、あ…
物損の評価損
自動車取引協議会で査定してもらうといいでしょう。 事故前と事故後。 一般的には、評価損は、修理費の30%で処理されることが多いですが、 確たる根拠があるわけではありません。
健康保険への切り替え
切り替えたほうがいいですね。 3割負担ですみますからね。 健康保険組合に対して、「第三者行為による傷病届」を 出す必要があります。
信号の認識が異なる時
信号のサイクル調査が必要かもしれないですね。 その方法は、 各都道府県の警察本部等に対して、情報公開条例に基づき、「信号サイクル表」の開示を請求する方法、また、弁護士に依頼して、弁護士会…
過失割合の変更
時期は示談するまで可能ですが、錯誤がないと、変更は難しいでしょう。 過失割合を決める前提となる事実に関してですね。
車貸与者の物損責任
貸与者は、物損については責任を負いません。 人身事故なら負います。 自賠法の運行供用責任ですね。 したがって、本件の場合、運転者だけが責任 を負いますね。
後退車両に追突された場合の過失割合
後退車両の注意義務は重いです。 判例も 後退車には事前の安全確認(後方の交通状況に特別の注意を払う必要があり、運転席から後方に死角が生じるばあいは、自ら降車して後方確認し、後退を開始すべ…
訴訟の対象
通常は、加害者本人に対して、訴えを提起し、その中で自賠責の判断を 争います。
領収書のコピーか原本か
お金を実際に払ったほうが、原本所持でしょう。 後に、原本が必要なことがありますからね。 依頼のタイミングは、依頼する側からすれば早い方が いいでしょう。 弁護士からすれば、遅い方がいいです…
弁護士か行政書士か
弁護士だと被害者請求と示談交渉ですね。 行政書士だと被害者請求作成事務ですね。 どちらが安く上がるかわかりませんが、料金を確認して から、決めるといいでしょう。
予見義務
事故予見可能性、事故回避可能性がなければ、責任はないですね。 事故状況がわかりませんが、不可能を強いることはできませんからね。
後遺障害の認定に関して
あなたの通院はごく普通に行われている通院です。 後遺障害は、主として、後遺障害診断書に基づいて 判断されます。 しかし、頸椎捻挫で後遺症を認めさせるのは、かな り厳しい状況ではあります。
2度の事故と弁護士費用
それぞれの事故であなたが得られる利益が基準になるので、2倍ということは ありません。 2度目の事故が1度目の事故と被っているなら、1度目の事故の損害を、引き ますからね。
優和綜合法律事務所へのお問い合わせ

03-6456-1810
「交通事故アスクを見た」とお伝えください。

06時23分現在、電話受付時間外です。
メールフォームよりご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る
対応地域
全国47都道府県対応
営業時間
平日 10時~19時
定休日
なし
特色
・相談無料
・土日相談可能
・実績多数
・電話相談
・分割払い