道路のトンネルの照明といえばオレンジ色ですが白色の照明が使われている場合もよくあり、オレンジと白色の2種類となっているようです。

オレンジ色の照明は低圧ナトリウムランプというもので、ちりや排気ガスの影響が少なく、光が遠くまで届きやすいうえに低コストというメリットがあります。

白い光だと排気ガスに乱反射しやすく、トンネル内で視界が曇ってしまうこともあるそうです。

ただ、低圧ナトリウムランプはだと、路面の白いセンターラインの色が追い越し禁止の意味を持つオレンジに見えてしまうという面もあるといいます。

そのため、明るくて値段も安い白い蛍光灯が開発されると、交通量が少ないトンネルや換気設備が整ったトンネルだけ白照明に交換されたのです。

白い照明だとトンネル内が自然な色に見えますし、光量が強いと反射しにくくなります。

排気ガスが多いトンネルではオレンジの低圧ナトリウムランプがそのまま使われ、排気設備の整っている高速道路のトンネルなどでは白い蛍光灯と使い分けがされているようです。

さらにLEDランプが登場し、自然光に近く消費電力も低くて平均寿命も長いというLEDランプが最近増えてきていて、今後は主流になっていくといわれています。