試乗車として使われていた車は、その後どうなるのでしょうか?

まだまだ乗れるのに廃車としてしまうのはもったいないですね。

試乗車は、モデルチェンジや特別仕様車の発売などにあわせて役目を終えることになり、車種によっても異なりますが原則として1年程度だといいます。

整備や商品化をおこなったら、中古車部門に卸すのが一般的なようです。

卸価格は走行距離などの車の状態をみて、中古車市場の相場に照らし合わせて決まります。

ナンバープレートがついていて登録済みですし、あくまでも使用された中古となるので、当然ながら新車として店舗で販売されることはなく、客に直接安価で売ってくれることもありません。

ディーラーにある展示車のほうは一度も公道を走っていないので新品同様で、こちらは展示車という断りのうえで客に直接販売する場合もあります。

ただ、色や仕様の変更がきかないので、購入する客は少ないようです。

高級外車を扱うディーラーでも展示車を安く販売することがありますが、ローンを組んだ場合の利息を考慮すると割引率は高くないので、展示車を買うメリットはあまりないのかもしれません。

とはいえ、普通の中古車よりもちろん程度がよいといえるでしょう。