1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 過失割合
  4. 当て逃げ過失割合
タイトル
本文

カテゴリー:過失割合

当て逃げ過失割合

投稿者:涙目さん

2020/03/26 10:59

交通事故過失割合についての相談です。
当方が自動車で信号機の有る片側2車線道路から3車線へ交差点を青信号で左折時です。
徐行しながら交差点を曲がっている時に前方(衝突時は車の右)から車道を逆走し歩道に入ろうとした自転車が右後方に追突(車のキズを見る限りでは自転車と接触したのではなく蹴られた様な跡でした)しました。
こちらは車を停止しましたが自転車は転倒する事無くそのまま走り去ってしまいました。
ドラレコを見る限りでは自転車はかなりの勢いで走行しており車も結構へこんでおります。
会社からかなり責められ解雇されそうなので至急回答お願いします。

回答
3
閲覧数
50

みんなの回答

非常に小さいというべきでしょう。

通常の自動車センターラインオーバーの事案では、自動車:自転車=5:5とされますが、あくまで前方に自転車を確認し、自動車側が回避可能であることが前提とされます。
本件では3車線の左折側であり、自転車の逆走は予見困難・困難として、最初の段階では過失ゼロの主張でもよいかもしれません。
ただ、自動車側も動いていて自転車と衝突したとなると、なかなか過失ゼロの主張は認められない可能性がありますが、それでも正面衝突事案から大幅修正して、せいぜい1~2割程度というべきではないでしょうか。私見ですが。
もっとも、衝突太陽自体に争いが生じる可能性にもご留意いただく必要があります。

役に立った
1

2020/03/26 14:51

非常に小さいというべきでしょう。

通常の自動車センターラインオーバーの事案では、自動車:自転車=5:5とされますが、あくまで前方に自転車を確認し、自動車側が回避可能であることが前提とされます。
本件では3車線の左折側であり、自転車の逆走は予見困難・困難として、最初の段階では過失ゼロの主張でもよいかもしれません。
ただ、自動車側も動いていて自転車と衝突したとなると、なかなか過失ゼロの主張は認められない可能性がありますが、それでも正面衝突事案から大幅修正して、せいぜい1~2割程度というべきではないでしょうか。私見ですが。
もっとも、衝突太陽自体に争いが生じる可能性にもご留意いただく必要があります。

役に立った
1

2020/03/26 14:51

誤記を訂正します。

先の回答のうち、最終段落の「衝突太陽」は「衝突態様」の誤記ですので、訂正します。

役に立った
1

2020/03/26 14:53

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)