1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 慰謝料・損害賠償
  4. 治療が長引くと1日あたりの医療保証額が低くなる?
タイトル
本文

カテゴリー:慰謝料・損害賠償

治療が長引くと1日あたりの医療保証額が低くなる?

投稿者:ちゃんおばさん

2020/09/01 10:05

先月交通事故に遭ってしまいました。私の過失は0。むち打ちと診断されました。

事情があり仕事を完全に休むことができていない状況です。通院はしているのですが、立ち仕事で休みもちゃんと取れないので、むち打ちの症状もひどくなってきています。ですが通院を続けるしかありません。

治療が長引くと1日あたりの医療保証額が低くなるとどこかで聞いたのですが…本当に低くなりますか?長引くというのはどの程度のことでしょうか?

回答
2
閲覧数
130

みんなの回答

症状固定による治療費支払い打ち切りを主張してくるでしょう。

治療期間が長期化した場合、相手方保険会社が、症状固定(治療継続しても回復が見込めない状態)として治療費支払い打ち切りを主張してくる可能性があります。
個々の事案にもよりますが、むち打ちの場合、3~6か月程度の事案が多いです。
貴殿に発生する損害としては、1日当たりの治療費が低くなるわけではありません。
ただ、特に加害者が任意保険未加入の場合、自賠責保険会社への請求のみとなると、自賠責の場合は通院に関して120万円までとされています。
不足分は加害者本人に請求可能ですが、自賠責への請求に関しては上記限度額と通院日数の関係にご留意頂く必要があるでしょう。

役に立った
1

2020/09/01 15:23

治療が長引くと医療保障は低くなるか

そんなことはありませんが、保険会社は診療情報をチェックしてますので、また類似事故の情報を蓄積してますので、本来完治が見込まれる期間を徒過してる場合は、治療費の打ち切りを通知してきます。
その場合は、医師に改めて診断書を作成してもらい、治療の必要性を理解してもらうことが必要になるでしょう。

役に立った
1

2020/09/02 11:53

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)