1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 後遺症・後遺障害
  4. トイレなどの住居の改造費やリフォーム代も加害者に請求出来ますか?
タイトル
本文

カテゴリー:後遺症・後遺障害

トイレなどの住居の改造費やリフォーム代も加害者に請求出来ますか?

投稿者:テツさん

2015/11/24 09:49

交通事故の後遺症のせいで、腰や膝がわるくなり、従来のままではトイレやお風呂が自由に使えません。なので、リフォームをしようと思うのですが、そのための費用は加害者に請求することはできるのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

回答
1
閲覧数
1,929

みんなの回答

被害者の受傷の内容,後遺症の程度・内容を具体的に検討して判断する必要があります

交通事故の被害に遭ったことにより後遺障害が残り,従来のトイレが使えないなど,住居をリフォームする必要が生じる場合があります。このような場合においては,被害者の受傷の内容,後遺症の程度・内容を具体的に検討し,トイレ等住居の改造やリフォームが不可避的に必要と認められれば相当額の請求ができることがあります。

裁判例では,後遺障害等級が第2級以上であれば,後遺症の内容も重いものであるため,改造費やリフォーム代などの請求が認められやすい傾向があります。もっとも,後遺障害等級が第3級以下であっても請求が認められるケースもありますし,逆に第2級以上であっても請求が認められないケースや,認められるとしても全額ではなく一部が認められることもあるので注意が必要です。

役に立った
12

2016/03/24 21:17

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)