1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 過失割合
  4. 直進進行中、車線変更してきた車が左側後方に接触の事故
タイトル
本文

カテゴリー:過失割合

直進進行中、車線変更してきた車が左側後方に接触の事故

投稿者:ももさん

2017/10/08 20:21

片側3車線(1番右側車線は右折専用レーン)の真ん中を直進走行中の事故になります。
左側車線の車(相手)が右にウインカーを出しました。
ですが、私の前を走る車の前に入らず、そして私の前にも入らない為私は追い越す感じで直進走行しました。そして左側車線の車は私の視線から消えていきました。
その直後 『バゴッ‼』 とにぶい音が、なんと消えた車が衝突していました。
直後に相手に聞いたところ、「私の車の後ろの入ろうとしたがハンドル操作を誤ってぶつかった」らしい。
その後保険会社より連絡あり、なんと 7:3 の過失割合(私は3)を言われ驚き、そして悲しい日々を送っております。
私は受け入れるつもりはありません。

消えていなくなった車に対して、どんな回避行動が出来たでしょうか?どんな危険予知が出来たでしょうか?

私に 3 の過失があるんでしょうか?
また、どんな行動をとっていれば良かったんでしょうか?

回答
2
閲覧数
67

みんなの回答

過失割合を修正すべく、相手方の不注意を立証する必要があります。

相手方が後方に進入しようとしたという事であれば、理論上は過失ゼロと考える余地はありますが、完全に追い越しした後の車線変更であることを立証する必要があります。
また、当初のウィンカー表示から一連の行為ととらえたとしても、すぐに車線変更せず、かつ相手のハンドル操作ミスという事であれば、相手側に著しい過失有として、7:3は不当でしょう。

立証方法としては、周囲の防犯カメラの有無や、自動車の損傷状況を専門機関に解析して頂く、等の方法が考えられます。

事故前の回避行動としては、結果論ですが、車線変更をすぐに行わなかった時点でクラクションを鳴らす、等の方法が考えられます。
完全に視界から消えてしまった後については、回避行動は難しいのではないかと思います。

役に立った
1

2017/10/09 10:10

過失割合の不可解さ

事故があなたにとって、避けようがなく不可抗力で
生じた場合、あなたに責任はないですね。
まして本件の場合、相手のハンドル操作ミスが確認
されているなら、不可抗力といっていいですね。
保険会社の過失割合の根拠を示してもらい、本件
と異なることを主張するといいですね。

役に立った
1

2017/10/10 16:28

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)