1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 後遺症・後遺障害
  4. 交通事故の後遺症の証明をスムーズにするには
タイトル
本文

カテゴリー:後遺症・後遺障害

交通事故の後遺症の証明をスムーズにするには

投稿者:Sweetsさん

2017/10/12 15:52

息子をベビーカーに乗せてお散歩させていたときの話です。お散歩コースに出るまでは、家の前の細い1車線の歩道が無いくねくね道路を歩かねばならず、私のすぐ横で車が走っているので、飛ばして走る車に注意しながらベビーカーを押していました。

突然、私の右手に鈍痛が走り、両手を大きく振り上げられてしまうと、押していたベビーカーが目の前で一回転しました。何が起こったのか分からず、座り込んでいたら、息子のベビーカーが逆さまになっており、息子のギャーという泣き声で我に返りました。逆さまになっていたベビーカーを元に戻すと、息子の左のおでこにかすり傷とたんこぶがあり、ベビーカーが一回転した時に、頭が道の壁にかすったようでした。

直ぐにベビーカーの安全ベルトを外し、息子を抱き上げると、ケガはそこの一か所だけのようでした。私に当てた運転手が直ぐに駆け寄り、警察呼びますか?と言ってましたが、救急車を先に呼んで下さい!と叫びました。私の右手に車のミラーが当たり、その衝撃で私が押していたベビーカーが勢いよく回転し、ベビーカーが一回転したというものでした。

私は道路の端を歩いていただけであり、運転手が他のことに気を取られていた時に私が歩いていることに気が付かず、当ててしまったということで10対0で運転していた側の過失でした。すぐに救急車で運ばれて、私は腕のレントゲン、息子は頭部のCTを撮り、ケガの具合をみてもらいました。医師によると、私は右腕の打ち身だけでしたが、後日、首ももしかしたら、痛みが現れてくるかもしれません、と言われました。

息子もCTでは異常は見られず、傷も深いものではないので、跡が残ることがありませんでした。医師のとおり、後日、私は首と腰になんとなく鈍痛が現れ、3か月くらいは時々痛んでいたので、整形外科でリハビリに通っていました。

相手の保険会社の対応は、早く私の治療を打ち切りたいということが、ありありと分かり、不快でした。交通事故によるケガの後遺症は、後から出てくる場合もあります。その際の原因は、普段の生活も送っているので、一概には事故の後遺症であるものという証明が難しい場合があると思います。どのようにすれば、証明がスムーズにできるのでしょうか。私の場合、半年経ってからなんとなく首の不調が出て来てしまいました。

回答
2
閲覧数
92

みんなの回答

医師の所見の他、画像等の客観証拠による裏付けが重要となります。

後遺障害認定に当たっては、医師による所見の他、画像等の客観的資料により事故前の状態からの変形の有無が重要となります。
レントゲンだけでなく、MRI画像による裏付けも必要でしょう。

また、首の痛みの発生時期との関係では、初診時に医師の方から、後で首が痛くなる旨の説明を受けていたとのことですのが、当該所見が具体的にいかなる医学的根拠に基づくものであるのか、画像により裏付けられているか、についても、医師の方とご相談の上で根拠づけていく必要があります。

その他、治療経過や治療期間についても認定に影響する可能性がありますので、保険会社の打切り要請に対抗すべく、治療継続の必要性についても根拠づけていく必要があるでしょう。
弁護士への依頼も含めて検討頂いた方がよいのではないかと思います。

役に立った
2

2017/10/12 23:57

後遺症

担当外科医の診断書ですね。
治癒したか、治療中か、症状が固定したか。
事故に起因する症状についての医師の所見
が重要になるでしょう。
医師と今後の治癒の見通しについて、また
何らかの障害が残るかについての見通しに
ついて診断書を作成してもらうといいですね。

役に立った
1

2017/10/17 09:44

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)