1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 弁護士費用
  4. 示談で終わると思った交通事故なのに、相手が数人の弁護士をつけた
タイトル
本文

カテゴリー:弁護士費用

示談で終わると思った交通事故なのに、相手が数人の弁護士をつけた

投稿者:yoshiZさん

2017/12/06 10:50

車の接触事故を起こしたのですが、相手は過失割合に納得いかなかったようで、示談にならず裁判をすることになりました。ちなみに過失割合は、こちらが3で相手が7です。

相手は数人の弁護士を雇ったようです。数人の弁護士を雇うとはどういうことでしょうか?1人の弁護士では不利になりますか?

もしも裁判に負けてしまった場合、相手の費用もこちらが全額持つことになるのでしょうか?こちらの弁護士特約の上限を超えてしまうのではないかと思うととても不安です。

回答
2
閲覧数
47

みんなの回答

こちらも弁護士依頼を検討された方がよいでしょう。

おそらくは、複数の弁護士が所属する事務所で、代表弁護士に依頼した上で、他のパートナー弁護士や勤務弁護士が名前を連ねているのではないかと思います。
実際の対応は、代表弁護士か、担当の勤務弁護士等が中心になるのではないかと思います。
本質は代理人の人数ではなく、双方の主張内容や証拠資料によります。

相手方に当初の過失割合を変更する根拠がどれだけあるか不明ですが、和解の場合には基本的には弁護士費用や遅延損害金はつけません。
仮に敗訴判決が出た場合には、判決で認められた他の損害の1割を弁護士費用として、また弁護士費用を含む全損害につき事故日から年5%の遅延損害金が発生します。
ただ、あくまで相手方への賠償責任の問題であり、通常は保険金支払い対象になるのではないかと思います。

弁護士費用特約有とのことですが、訴訟対応についてはこちらも弁護士依頼を検討頂いた方がよいかと思います。

役に立った
0

2017/12/06 22:23

複数の弁護士

名前が出てるだけで、一人もしくは二人が担当してます。
あなたのほうは一人で十分です。
特約の上限を超えることはないでしょう。
重篤な後遺障害でもないかぎりは。
弁護士費用は請求額の1割が敗訴者負担ですが、保険会社
が負担するのではありませんか。
保険会社に確認されるといいでしょう。

役に立った
0

2017/12/12 14:25

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)