1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 調停・裁判
  4. 簡易裁判所での調停とは具体的に何をするのでしょうか。
タイトル
本文

カテゴリー:調停・裁判

簡易裁判所での調停とは具体的に何をするのでしょうか。

投稿者:名無しさん

2018/04/10 09:37

交通事故にあいました。先日、相手の弁護士から連絡があり、簡易裁判所で調停をすることになりました。簡易裁判所で調停では具体的に何が行われるのでしょうか。相手は弁護士なので、やはり私は不利になるのでしょうか。

回答
3
閲覧数
281

みんなの回答

損害の範囲・金額等につき裁判所を含めて話し合いを行なう場合が多いです。

調停では、裁判所を交えて三者間で紛争解決のための話し合いが行われ、特に損害の範囲・金額等に関して問題となる場合が多いです。
損害の範囲・金額等につき合意の可能性がある場合は裁判所から調停案が提示されることもありますが、話し合いが困難な場合は当事者の意思により不調となることもあります。

裁判所の調停委員から一定の提案はあるかもしれませんが、こちらの主張・反論等はご自身で行なう必要がありますので、弁護士依頼するか否かを含めてご検討頂く必要があります。

また、人身事故で刑事事件化されている場合、刑事事件の情状として立証材料とする可能性がありますので、刑事事件との関係も考慮する必要があります。

役に立った
1

2018/04/10 10:25

調停とは

調停というのは、法的紛争について、調停委員という第三者を間に入れて話合いを行い、当事者間での合意を目指す手続きです。調停室に順番に入って言い分を主張するので、当事者が互いに顔を合わせることはありません。

今回のように交通事故の場合だと、事故で相手が負った物的損害(車の修理費など)、人的損害(治療費・通院慰謝料・休業損害んなど)を相手が具体的資料を基に請求してきます。これらのことは、調停前に相談者様に届く調停申立書に詳しく記載されているはずです。
ご相談者様としては、この申立書をじっくり読んで、「相手にも事故発生の過失があるのに、発生した損害の全額を請求してくるのはおかしいのではないか?」「損害の内容もおかしいのではないか?」という疑問点がないかを確認してください。そして、これらの疑問点を、調停で調停委員に話してください。相手から反論が出ると思いますので、それについて納得ができなければ更に反論していくことになります。
調停前の時点で疑問点が多くあり対処が困難に思われるようでしたら、一度弁護士にご相談されることをおススメいたします。

役に立った
1

2018/04/10 11:44

話し合いです。

交通事故の損害賠償についての話し合いです。
調停は話し合いですので、証拠で確実な白黒をつけるという話でなく、ある程度話し合いでの落としどころを探すことになります。

もっとも、交通事故はある程度、定型されているところもありますので、話がつかないと、早めに訴訟に移ることもあります。

落としどころのめどなど、依頼するかはともかく、弁護士に一度相談されるのがよいと思います。

役に立った
1

2018/04/10 11:58

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)