1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. その他
  4. 診断書よりも実際の治療期間が長くなったときの届け出について
タイトル
本文

カテゴリー:その他

診断書よりも実際の治療期間が長くなったときの届け出について

投稿者:吉さん

2018/08/10 09:31

人身事故でケガの診断書を警察に提出しました。その時は全治1ヶ月という診断内容だったのですが、治療をはじめると1ヶ月では治りそうにもありません。

診断結果よりも実際の治療が長引くときは、再度警察に届け出をした方がいいのでしょうか?治療が長引いたことが相手の処分にも関わってきますか?

回答
2
閲覧数
204

みんなの回答

まず担当警察官に相談いただいた方が良いでしょう。

現実の治療期間が長引いたとなると、刑事処分に影響する可能性がありますので、追加の診断書の提出等が必要か否か、まず担当警察官にご相談いただいた方が良いでしょう。
治療期間が全治1か月以上となると、正式起訴の可能性があります。

やや大きなお怪我のようですので、お大事にお過ごしください。

役に立った
0

2018/08/10 10:28

初期診断より重い場合

そういうことは、頻繁にありますね。
警察には申告して置いたほうがいいですね。
被害の重さは、処分に影響します。

役に立った
0

2018/08/20 15:31

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)