1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 交通事故治療
  4. 不親切な自分の保険会社
タイトル
本文

カテゴリー:交通事故治療

不親切な自分の保険会社

投稿者:マカロンさん

2018/10/02 10:39

私の保険会社をA社、相手の保険会社をB社とします。

車同士の交通事故に遭い、むち打ちになって通院しています。過失割合でもめているので私の通院費は、私の保険会社A社の傷害保険で支払われています。
二ヶ月通ったところで、A社から治療打ち切りをするための書類が病院に届きました。
医師は治療継続をすすめていますし、
2ヶ月でこんな書類を送ってくるなんてよっぽど払いたくないんだね。自分が保険料払っている自分の保険会社でしょ?!とおっしゃってました。

①自分が保険料を払っている、いわば自分がお客である自分の保険会社に治療費の打ち切りをされる事はあるのでしょうか?周りからも自分の保険会社だよね?と何回も念をされるほど不親切です。

②このまま、自分の傷害保険を使って通院を続けるにはどうしたらいいでしょうか?

③今後、もし過失割合が相手10、自分0になった場合は、
今までかかった通院日はA社が、B社に請求するのですか?

④A社の弁護士特約を利用して弁護士に依頼した場合、(A社が斡旋した弁護士ではなく自分で探した弁護士)
その弁護士はA社に、傷害保険で通院継続するよう交渉はできますか?

以上よろしくお願い致します。

回答
2
閲覧数
108

みんなの回答

まずA社の人身傷害保険約款をご確認頂く必要があるでしょう。

①②A社の人身傷害保険約款の内容にもよりますが、症状固定を主張する趣旨であれば、2か月は短いと思われます(むちうちですと、3~6カ月での症状固定主張の場合が多いです)。
約款の定めによる打切りを主張する趣旨かもしれませんので、まずは、約款の内容をよくご確認頂く必要があります。

③相手方100%の場合には、A社がB社に求償すると思われます。

④A社から弁護士費用の支払を受けた上で、正式に貴殿代理人としてA社に人身傷害補償請求を行うとなると、A社と弁護士及び貴殿の間で利益相反の問題が発生します。また、人身傷害保障請求が弁護士費用特約の適用対象となっているか否か、という問題もあります。
B社との交渉に付随して、A社に支払継続をお願いする程度であれば不可能ではないかもしれませんが、正式なA社との交渉については、個々の弁護士に判断にもよりますが、なかなか容易でないかもしれません。

役に立った
2

2018/10/02 16:03

自己加入の傷害保険の打ち切り

1、診断書を再度とって、まだ治療継続中であることを
担当者に通知したほうがいいでしょう。
2、相手が責任を負う範囲で、その通りです。
3、やはり弁護士も診断書を取らせて、担当者と交渉す
るでしょう。

役に立った
0

2018/10/15 14:39

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)