1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 慰謝料・損害賠償
  4. 交通事故の示談後の生活補償について
タイトル
本文

カテゴリー:慰謝料・損害賠償

交通事故の示談後の生活補償について

投稿者:ラミーさん

2018/10/12 09:04

私が車で相手がバイクの事故でした。
お互いの保険会社による示談が進んでいます。
しかし先日、相手から示談後の生活補償について連絡がありました。
事故による後遺障害があるとのことで(認定されるほどかどうかは今のところ不明)、示談後の生活補償をするべきだというのです。

保険会社を介さない話でしたので、真に受けない方がいいとは思っているのですが、示談金にすべて含まれるのではないのですか?
私の過失の方が大きく申し訳ない気持ちはありますが、生涯相手の生活補償をしなくてはいけないのですか?

回答
2
閲覧数
98

みんなの回答

まず、後遺障害認定の有無によります。

相手方が後遺症の発生を主張するのであれば、基本的には後遺障害認定の有無によります。
自賠責保険会社から後遺症の認定がなされれば、貴殿の任意保険会社から後遺傷害逸失利益・後遺障害慰謝料等の支払いがなされると見込まれます。
後遺障害認定の有無や等級に争いがある場合、訴訟に移行する可能性があります(認定の有無や等級に争いがない場合はADRで解決する場合もあります)。

なお、本件では既に相手方は後遺症を主張しているようですが、一般論として、示談成立時に予見困難な後遺症が後日発生した場合には、示談の効力は及ばないとされます。ただし、事故との因果関係が問題となる可能性があります。

役に立った
1

2018/10/12 09:34

生活補償

後遺障害の等級が認定された場合、労働能力の喪失率の割合により、
将来67歳までの逸失利益が計算されます。
軽度な場合は、5年とか、10年とかの期間で計算します。
したがって、後遺障害の有無次第ですが、損害は、保険会社が支払い
ますからね。
それ以外の、補償は不要です。

役に立った
0

2018/10/15 13:11

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)