1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 慰謝料・損害賠償
  4. 自転車同士の事故、ルール違反でケガをした相手への補償
タイトル
本文

カテゴリー:慰謝料・損害賠償

自転車同士の事故、ルール違反でケガをした相手への補償

投稿者:ハゴロモさん

2018/10/22 08:52

自転車同士の事故です。T字路左側通行で突き当たりを左折したら、右側通行で停止線を無視して右折してきた自転車と接触しました。幸い私はふらつきはしましたがこけることもなくケガもしませんでした。

相手は接触した際にハンドルに当たり、擦り傷と打撲だろうということでした。警察にも連絡し、その時はケガもたいしたこともなさそうだったので連絡先を交換して、痛みがひどければ病院へ行くよう伝えて帰りました。

翌日、相手の方から当たったところが骨折していたとの連絡を受けました。お店の経営者だそうで、治療費+仕事ができない間の賃金保障をして欲しいといわれました。相手が右側通行で停止線を無視してケガをしたのに、まるで私が加害者のような言われかたでした。

分かりにくいかもしれませんが、このようなケースでの過失割合はどうなっているのでしょうか?私は交通ルールを守っていたのに賃金保障までしなくてはいけませんか?

回答
2
閲覧数
76

みんなの回答

相手方の方がかなり高いというべきでしょう。

上記の類型についてどのようにとらえるかにもよりますが、相手方について「右側通行で停止線を無視して右折」の点を重視すれば、いわゆるセンターラインオーバーの事案に近いものとして、個人的には相手方の方がかなり高いというべきでしょう。
T字路で一時停止標識有とのことですので、通常の直進走行の場合と同様に過失ゼロまで言えるか微妙ですが、最初の段階の主張としては不可能とまでは言えないのではないかと思います。

ただ、上記相手方主張からすると、一般的なT字路における貴殿側の一時停止義務違反と主張してくる可能性があります。
根本的な事故類型に争いが生じ、事故類型の立証が必要となる可能性があり、弁護士依頼を検討頂いた方が良いかもしれません。

役に立った
1

2018/10/22 09:58

回答を補足します。

先の回答に付き補足しますと、自転車同士の事故とのことですので、直進自動車同士のセンターラインオーバーの事案と同視できるとは限りませんが、右側走行かつ停止線無視はやはり危険性が高いため、上記事情を前提とする限りでは、相手方の過失割合が非常に高いというべきでしょう。

役に立った
1

2018/10/22 13:26

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)