1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. その他
  4. 生活保護受給者が慰謝料をもらった後の保護費の返還額について
タイトル
本文

カテゴリー:その他

生活保護受給者が慰謝料をもらった後の保護費の返還額について

投稿者:初心者さん

2018/10/30 09:04

生活保護を受けている人間が事故に遭い慰謝料をもらうと、収入認定されてしまうと聞きました。事故により、入院したり手術したり、後遺障害と認定されるまでには至りませんでしたが傷も残ってしまいました。心も体も傷ついてしまったのに保護費を全額返還しなくてはいけないというのは、少し酷なように思えます。返還額を少しでも減らす方法というのはないのでしょうか?

回答
1
閲覧数
88

みんなの回答

一般的には、難しいでしょう。

生活保護制度には必要最小限度の生活を維持するための活用を要件とする補足性の原則があります。
そして、世帯単位で月8,000円を超える臨時収入は生活保護法上収入認定するとされており(厚生労働省通達)、交通事故による慰謝料を収入認定しても違法でないとされます(下級審裁判例)。
したがって、返還額ないし不支給額を減額することは、一般的には容易でないでしょう。

保護費の返還は酷であるというお気持ちは分かりますが、安易な減額方法をご提案すると不正受給の教唆や幇助にもなりかねないため、上記のような回答をせざるを得ません。

役に立った
1

2018/10/30 10:17

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)