1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 交通事故治療
  4. 事故時の治療費について
タイトル
本文

カテゴリー:交通事故治療

事故時の治療費について

投稿者:ななみさん

2019/01/26 21:01

歩道を歩いていたところ、右後方から左折してきた車にはねられました。
相手の方は92歳で少し痴呆気味です。

翌日には保険会社から電話があったのですが、治療費や物損については自分で支払ってください、車の修理代についても調査して請求しますと言われました。
そのためこちらの保険会社(加害者とは別)に示談交渉をお願いしたところ、相手の保険会社から一年以上調査中ですと言われいるそうです。
治療費もこちらの保険会社(加害者と同じ保険会社)の人身傷害に請求したところ、同じように調査中で刑事記録の取り寄せ中とのことです。

こういった場合どうするのが正解でしょうか?
保険会社は時効待ちなんでしょうか?

ちなみに怪我は肋骨2本骨折、鎖骨骨折で相手の車はボンネットの凹みとフロントガラスが全面蜘蛛の巣上になっています。

回答
3
閲覧数
99

みんなの回答

まず、自賠責に請求する方法等が考えられます。

上記事情に照らすと、刑事記録の取寄せに時間がかかっている理由が不明ですが、もしかしたら相手方が認知症のため捜査が難航しているのかもしれません。
ただ、そもそも人身事故以外の場合でも、事故状況から大体の過失割合や損害額の算定は可能なはずであり、調査に時間を要しすぎのようにも思われます。

任意保険会社から当面支払が難しいようであれば、人損部分については、まず自賠責保険会社に被害者請求する方法等が考えられます。

事故発生から1年程度であれば、相手方に対する時効はまだ大丈夫ですが(民法改正後は5年に延びる予定)、詳細に関しては弁護士依頼頂いた方が良いかもしれません。

役に立った
3

2019/01/27 20:31

調査中につき保留

不自然な保険会社の対応なので、一度、法律事務所に
持ち込んで、現状の認識と整理、今後の方針を話し
合われるといいでしょう。

役に立った
2

2019/01/28 14:18

回答を一部回答します。

先日の回答内容のうち、消滅時効に関して、正確には「改正民法施行時である2020年4月1日時点で消滅時効が完成していない人損の賠償請求権」のみ5年に延びますので、訂正します。
物損は従来通り3年のままです。
消滅時効の改正につき詳細は割愛しますが、発生から3年が経過する前に訴訟等の時効中断手続が必要になる可能性があります。

役に立った
0

2019/02/02 22:25

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)