1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 交通事故治療
  4. 交通事故でのリハビリ。通院の間隔が開いてしまうと問題がありますか
タイトル
本文

カテゴリー:交通事故治療

交通事故でのリハビリ。通院の間隔が開いてしまうと問題がありますか

投稿者:剛田さん

2019/03/08 09:01

交通事故のリハビリを週2~3回のペースで行っています。完治するまでに1~2ヶ月、手術することも考えてみて下さいと言われています。

離れたところでひとり暮らしをしている母の体調が悪く、他に家族も親戚もおらず入院手続きなどの為に実家に赴くことになりました。実家に滞在する期間は2週間の予定ですが、母も高齢でもしかしたら滞在期間が延びてしまうかもしれません。2週間実家へ行くことについてはリハビリをしている病院には相談し、相手の保険会社にも連絡はしています。自宅でできるリハビリも教えていただきました。

帰ってきたらまたリハビリで通院するのですが、もし滞在期間が延びてしまったら保険などに影響がありますか?どうしたらいいのか良きアドバイスをお願い致します。

回答
3
閲覧数
129

みんなの回答

相手方保険会社と改めて協議する必要があるでしょう。

仮に、実家への滞在が長期化して通院間隔が大きく空いてしまった場合、場合によっては相手方保険会社から、もはや貴殿の通院の必要はなく、治療費の支払いを打ち切るという主張がなされる可能性もないとは言えません。

もっとも、事故で生じた怪我により家族の看護が出来なくなった場合、看護料相当額を損害俊江認めた例もあるようです。
滞在長期化が見込まれる場合、ご自身の治療のために家族の看護料相当額を請求可能か、それともご自身の滞在を延長しても通院期間には影響しないか、改めて相手方保険会社と協議頂いた方が良いでしょう。

役に立った
1

2019/03/10 11:43

相手方保険会社と改めて協議する必要があるでしょう。

仮に、実家への滞在が長期化して通院間隔が大きく空いてしまった場合、場合によっては相手方保険会社から、もはや貴殿の通院の必要はなく、治療費の支払いを打ち切るという主張がなされる可能性もないとは言えません。

もっとも、事故で生じた怪我により家族の看護が出来なくなった場合、看護料相当額を損害俊江認めた例もあるようです。
滞在長期化が見込まれる場合、ご自身の治療のために家族の看護料相当額を請求可能か、それともご自身の滞在を延長しても通院期間には影響しないか、改めて相手方保険会社と協議頂いた方が良いでしょう。

役に立った
0

2019/03/10 11:43

リハビリ通院に支障が生じた場合と保険への影響

その程度では、影響が生じることはないですね。

役に立った
1

2019/03/11 17:17

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)