1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. その他
  4. 念の為の検査に異常がなかった場合。
タイトル
本文

カテゴリー:その他

念の為の検査に異常がなかった場合。

投稿者:myuさん

2019/06/20 09:09

人身事故の加害者になってしまいました。
被害者の方には念の為検査を受けてもらうことにしました。
検査の結果に異常があれば治療をしてもらうことになると思うのですが、もし認められなかった場合はどうすればいいのでしょうか。
何かしらの書面を交わしておくべきでしょうか?

回答
3
閲覧数
119

みんなの回答

具体的な内容によるでしょう。

事故態様にもよりますが、仮に検査に異常がない場合でも、一般的に、首や肩の痛み等のいわゆるむち打ち症が発生する場合は少なくなく、3~6カ月程度の通院に関しては問題とされない場合が多いです。
この場合、治療費の他、通院慰謝料、休業損害、通院交通費等の発生が見込まれ、それなりの金額になる可能性があります。

全く異常がなく、相手方に怪我が発生していない場合には物損のみで示談できる余地もありますが、正式な示談書を作成は必要でしょう。
具体的な示談書の文言については、弁護士等の専門家に作成頂いた方が良いでしょう。

役に立った
1

2019/06/20 14:36

具体的な内容によるでしょう。

事故態様にもよりますが、仮に検査に異常がない場合でも、一般的に、首や肩の痛み等のいわゆるむち打ち症が発生する場合は少なくなく、3~6カ月程度の通院に関しては問題とされない場合が多いです。
この場合、治療費の他、通院慰謝料、休業損害、通院交通費等の発生が見込まれ、それなりの金額になる可能性があります。

全く異常がなく、相手方に怪我が発生していない場合には物損のみで示談できる余地もありますが、正式な示談書を作成は必要でしょう。
具体的な示談書の文言については、弁護士等の専門家に作成頂いた方が良いでしょう。

役に立った
0

2019/06/20 14:36

具体的な内容によるでしょう。

事故態様にもよりますが、仮に検査に異常がない場合でも、一般的に、首や肩の痛み等のいわゆるむち打ち症が発生する場合は少なくなく、3~6カ月程度の通院に関しては問題とされない場合が多いです。
この場合、治療費の他、通院慰謝料、休業損害、通院交通費等の発生が見込まれ、それなりの金額になる可能性があります。

全く異常がなく、相手方に怪我が発生していない場合には物損のみで示談できる余地もありますが、正式な示談書を作成は必要でしょう。
具体的な示談書の文言については、弁護士等の専門家に作成頂いた方が良いでしょう。

役に立った
0

2019/06/20 14:36

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)