1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. その他
  4. 自転車で出社中にバイクにひき逃げされた。実刑と時効について質問。
タイトル
本文

カテゴリー:その他

自転車で出社中にバイクにひき逃げされた。実刑と時効について質問。

投稿者:UTさん

2016/09/01 13:37

自転車とバイクの接触事故だったのですが、自転車で信号を渡り切った後突然バイクが目の前に現れました。私はしっかりと車線を守って走っていたので、追い抜きでもないのにいきなりバイクが現れたことに動転しました。どうやら、交差点の手前に細い脇道があり、信号をショートカットする為に対向車線から折れ曲がってきたようです。

そもそもその行動自体が交通法違反だったので、私は想定できずにそのまま衝突し転倒。強く頭を打ち付ける結果に。時間は朝の出社途中のことでした。接触相手は違反行為もあった為か、そのまま逃げ去りいなくなってしまいました。つまりひき逃げです。

目撃していた方もいたのですが、ナンバーまで解らず追いかけることも出来ず…なので過失としては向こうが全面的に悪いのですが、その辺について話し合うことはありませんでした。事故からしばらくたっている為、検挙が難しいことは理解していますが、もし犯人が捕まった場合、実刑になることもあるのでしょうか?時効となるのは何年経過した場合でしょうか?

回答
2
閲覧数
2,808

みんなの回答

実刑か否かは加害者の前科の有無等により、公訴時効は通常は7年となります。

ご指摘の事情に照らしますと、加害者には自動車運転過失致傷罪(7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律5条)及び加害者の運転に起因する人の死傷についての救護義務違反罪(10年以下の懲役又は100万円以下の罰金、道交法117条2項)が成立するものと思われます。

量刑に関しては、ひき逃げという行為の悪質性に照らすと、立件可能な場合には正式起訴して裁判を行なう可能性が高いと思いますが、初犯であれば、UTさんに重大な後遺症が発生する等の事情がない限り、執行猶予が付く可能性が高いかと思います。ただし、加害者に前科がある場合には、実刑になる可能性もあります。

また、刑事の公訴時効については、重い方の罪である加重救護義務違反罪が基準となり、その期間は7年となります(刑訴法251条、250条2項4号)。ただし、加害者が国外にいる場合等の一定の事由が生じた機関については、時効期間から除外するとされます(同法255条1項)。

役に立った
3

2016/09/01 18:51

実刑と時効

自動車運転致傷罪と緊急救助義務違反の併合

なので、あなたの被害程度と犯歴によっては、実刑

になるかもしれませんね。

時効は併合罪で7年になるでしょう。

役に立った
0

2016/09/05 17:49

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)