1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故Q&A
  3. 後遺症・後遺障害
  4. 被害者請求、個人でするのと弁護士に依頼するのとの差
タイトル
本文

カテゴリー:後遺症・後遺障害

被害者請求、個人でするのと弁護士に依頼するのとの差

投稿者:マルカンさん

2019/10/04 09:04

被害者請求を行う場合、個人で手続きを行うのと弁護士を代理人として手続きを行うのとで、後遺障害認定結果が変わったりしますか?

少しでも有利になるのなら弁護士に依頼しようと思い質問させてもらいました。

回答お願いします。

回答
2
閲覧数
61

みんなの回答

専門家の観点から必要資料につき検討を行うという意味があるでしょう。

弁護士が代理した場合に結果が変わるか一概には分かりかねますが、専門家の観点から、認定のための必要資料や主張内容等に関し検討を行なう等、ご本人で申請された場合と異なる観点から検討を行ったうえで申請を行うという意味では、意義があるものと思われます。

役に立った
1

2019/10/04 10:06

被害者請求は、弁護士を代理人にしたほうが有利か。

後遺障害があるほどなら、ほかの損害の算定過失割合や、異議の申し立て
なども出てくるので、弁護士と一緒に進めたほうがいいと思いますね。

役に立った
1

2019/10/05 14:24

Q&A検索
\交通事故に関する悩みや疑問が無料で相談できます/

新しく質問する  無料

※面倒な会員登録は一切なし。匿名で質問できます!

Q&A検索

回答数ランキング(過去30日)