1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談

交通事故に強い弁護士に相談するメリット3つと弁護士の探し方

交通事故の被害に遭われた場合、

  • 「加害者側の保険会社相手に、自力で交渉して解決しよう」
  • 「事故の手続きに詳しくないので、自分の加入している保険会社に任せよう」

という方が多いのではないでしょうか?

しかし、これらのやり方は、

  • 直接の示談交渉で、精神的に疲弊してしまう
  • 獲得できる慰謝料や損害賠償額が少なくなってしまう

という意味で、失敗する可能性が非常に高いです。

このような事態を避けるためには、

「交通事故に強い弁護士に相談する」

という方法がベストです。

以下、順番に、

  1. 弁護士に相談・依頼するメリット
  2. 交通事故の弁護士費用の相場
  3. 交通事故に強い弁護士を選ぶ基準

について、説明していきたいと思います。

ちょっと文章が長くなりますが、どの項目も交通事故問題の解決に失敗しないために重要ですので、ぜひ読んで頂ければと思います!

1 弁護士に相談・依頼するメリット

① 慰謝料・損害賠償額を増額させることができる

弁護士に相談・依頼するメリットの1つ目は、

慰謝料・損害賠償額を増額させることができる

という点です。

初めて交通事故に遭われた方だと、

「保険会社の提示金額は、客観的な基準に沿って決められているから、増額するなんて無理じゃないの?」

と思われる方も多いかもしれません。

しかし、実際の所は、

  • 保険会社の提示している金額は、色々ある基準のうち一番安い基準で計算している
  • 弁護士が間に入って交渉すると、数十万~数百万円ぐらい金額が上がる可能性がある

のです。

まず、口を酸っぱくして言っておきたいのですが、相手方の保険会社は、交通事故被害者の味方でも何でもありません。

保険会社は営利企業であり、「被害者に対する賠償金の支払いを少なくすればするほど儲かる」という立場なわけです。

そのため、保険会社の方から「できる限り高い慰謝料や損害賠償額を提示してくれる」ということは、基本的にはあり得ません。

高い慰謝料や損害賠償額を獲得するには、「色々な基準がある」という事を知った上で、多くの慰謝料が支払われる基準を適用するように、自分から主張していくしかないのです。

「色々な基準がある」と言いましたが、交通事故の損害賠償額についての基準は「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士会(裁判所)基準」の3つがあり、額が低い順に、

自賠責保険基準 < 任意保険基準 < 弁護士会(裁判所)基準

という順番です。

この3つのうち保険会社は、一番額の低い「自賠責保険基準」で計算しているので、それを一番高い「弁護士会(裁判所)基準」で計算してもらうように主張していけば、慰謝料や損害賠償額を上げることができるわけです。

〇自賠責保険基準

運転者が強制的に加入しなければならない自賠責保険から支払を受けられる金額を基準とするものです。自賠法に支払基準が明記されており、それに基づき損害賠償金が支払われます。自賠責保険基準による支払金額は、最も低くなります。

〇任意保険基準

損害保険各社の支払い基準です。自賠責保険基準のような法的拘束はなく、あくまで保険会社の社内基準になります。保険の事由か以前は統一された支払い基準がありましたが、現在では廃止されています。ただし、現在でも統一基準を参考に賠償額を提示する保険会社もあります。

〇弁護士会(裁判所)基準

弁護士会が過去の判例を参考に基準額を算定したもの(裁判をした場合に見込まれる金額による支払基準)です。交通事故の被害に遭った場合、弁護士会(裁判所)基準で請求していくことにより、最も高い慰謝料・損害賠償額を獲得することが可能になります。

ただし、注意が必要なのは、「弁護士会(裁判所)基準」で請求したからといって、ただちに損害賠償額が全額認められるわけではないという点です。

相手方の保険会社の担当者というのは、言ってみれば、交通事故の示談交渉ばかりやっているプロなわけですので、一般の方が少し勉強した程度では、なかなか太刀打ちできるものではありません。

なので、自分で「弁護士会(裁判所)基準」を請求するのではなく、交通事故の経験豊富な弁護士に相談・依頼して、自分の代わりに「弁護士会(裁判所)基準」で請求してもらうのがベストなのです。

このように、慰謝料や損害賠償額を上げられるのが、弁護士に相談・依頼するメリットの1つ目です。

② 弁護士に示談交渉を任せることができる

弁護士に相談・依頼するメリットの2つ目は、

弁護士に示談交渉を任せることができる

という点です。

交通事故の被害に遭うと、被害者は治療だけに専念していればよいわけではなく、相手との示談交渉を行なわなければなりません。

ただ、この示談交渉は、かなり精神的な負担がかかります。

例えば、

  • 頻繁に保険会社の担当者から電話がかかってきて、「もうそろそろ治療は不要じゃないですか」とプレッシャーをかけられる
  • 過失割合に納得できないのに、「過去の類似事例からすると妥当です」と取り合ってもらえない

などです。

交通事故の被害者は、ただでさえ事故のケガで肉体的なダメージを受けているのに、保険会社の担当者との交渉で、さらに精神的に追い込まれてしまうわけです。

この点、弁護士に相談・依頼すれば、このようなストレスがかかる相手の保険会社との交渉を丸ごと任せることができ、精神的に安心した状態で治療に専念できます。

また、交通事故に強い弁護士に任せると、示談交渉中に保険会社が慰謝料や損害賠償額を低めに提示してきても、提示額が妥当なのかを過去の経験から判断できますし、事故直後から現在に至るまでの交渉の問題点を洗い出し、保険会社の誤った指摘を正してくれます。

さらに、交通事故に強い弁護士が間に入ることで、保険会社のペースで進んでいた示談交渉が一変し、保険会社の態度が変わることがよくあります。

弁護士が入っていない間は、「色々と判例や専門用語を並べて早期に示談に応じるように促してくる」「早く治療を打ち切るように急かしてくる」という態度だったのが、弁護士が入ったとたんに、慰謝料額や過失割合などが有利に変更されることは少なくありません。

このような意味で、弁護士に示談交渉を任せると、精神的に楽になりますし、有利な結論を引き出しやすくなるので、大きなメリットがあるのです。

③ 弁護士から適切なサポートを受けられる

弁護士に相談・依頼するメリットの3つ目は、

弁護士から適切なサポートを受けられる

という点です。

交通事故に遭い、保険会社と交渉していくにあたっては「治療費や休業損害の計算」「後遺障害の認定」など、以下で列挙するように、様々な書類の準備や手続きがあります。

○物損事故が含まれる場合に必要な書類

  • 修理費の請求書:修理工場から出された請求書、見積書
  • 代車利用:使用した車両の請求書
  • 代車購入:車両全損時に代替車を購入した際の請求書、車両登録費用など
  • 車両評価損(減価証明書):日本自動車査定協会などで査定発行

○人身事故の場合に必要な書類

  • 交通事故証明書:事故の記録が書かれた証明書

  • 診療報酬明細書(レセプト):治療内容と薬などの明細で病院、保険薬局により発行

  • 休業損害証明書:給与所得者(会社の給与支払額、源泉徴収票、確定申告など)
    事業者(確定申告控え、納税証明など)

  • 後遺障害診断書:医師による後遺障害診断書、後遺障害等級の認定結果の書面

○死亡事故の場合に必要な書類

  • 死亡診断書:医師、病院により発行
  • 戸籍謄本:死亡者と遺族の関係を確認
  • 病院費用:死亡までに入院・通院していた場合などの領収書
  • 葬儀費用:葬儀時の請求書、領収書など

これらの細々とした準備や手続きを、交通事故の被害者が自力で行うというのは大変な負担になります。

この点、弁護士に依頼すれば、これらのほとんどの書類作成や手続きを代行してくれるので負担がなくなりますし、交通事故に強い弁護士に相談・依頼すると、「この先どうなるのか」という見通しについて詳しく説明してくれるので、手続きが終わるまでの期間、安心していられます。

また、弁護士が関与し、準備を行うことで、主張を立証するための的確な証拠が集まります。

それによって、

  • 治療が打ち切られることなく継続できる
  • 保険会社が提示してきた過失割合を自分に有利に変更できる
  • 後遺障害等級の認定が認められる(認定される等級が高くなる)

という可能性が上がります。

このように、弁護士に相談・依頼することで、弁護士から適切なサポートを受けられるというメリットがあるのです。

2 交通事故の弁護士費用の相場

ここまで、弁護士に相談・依頼することによるメリットを解説してきましたが、次に、

交通事故の弁護士費用の相場

について解説したいと思います。

  • 「弁護士に依頼すると、莫大な金額がかかるんじゃないか…」
  • 「弁護士に頼んで、逆に損してしまったらどうしよう…」

と心配される方も多いのですが、最近では、「依頼者にとってなるべく負担の少なく、分かりやすい料金体系」になっている弁護士事務所も多いです。

中には「相談無料」「着手金無料」「完全成功報酬」となっている弁護士事務所もあり、このような場合は、最初の手出しがなく、増額に成功した後に弁護士費用を払うことになるため、依頼者にとってリスクがありません。

また、任意保険に「弁護士費用特約」がついている場合、弁護士費用が実質無料(保険会社が弁護士費用の支払いを肩代わりしてくれる)になる場合が多いので、「弁護士費用特約」がついている場合、弁護士を使わないのはもったいないです。

これらを踏まえて、以下で、交通事故の弁護士費用について、詳しく説明していきたいと思います。

弁護士費用の項目は、主に「相談料」「着手金」「報酬金」の3つがあり、それぞれの意味と相場は以下のようになります。

○相談料

相談料は、弁護士事務所に行き、弁護士と面談を行った際に発生する費用です。

○着手金

着手金とは、結果の成功や不成功のいかんに関わらず、弁護士が手続を進めるために、事件着手の際に必要となる費用です。

○報酬金

報酬金とは、弁護士が扱った事件の成功の程度に応じて受け取る成功報酬のことです。

※これらの3つの費用の他には、実費(交通費、郵送代、コピー代、FAX代など)や日当(弁護士が現場検証や裁判所などに出向くため、事務所を離れなくてはならない際に支払うお金)などの項目もあります。

相談料の相場

相談料の相場は、30分5000円というケースが最も多いですが、最近では、相談料を無料にしている弁護士事務所も多数あります

相談料が無料という場合、

  • 初回30分のみ相談無料
  • 初回1時間のみ相談無料
  • 何度でも相談無料

などのパターンがあり、同じ無料相談でも受けられるサービスが違います。

相談料は、各弁護士事務所によってバラバラですので、相談に行く前には、必ず料金を確認することが重要です。

着手金の相場

着手金の相場は、およそ10万円~20万円くらいですが、弁護士事務所の中には着手金を無料に設定しているところもあります

着手金を無料としている事務所は、「相談料が無料」「着手金も無料」「成功報酬のみ」となっていることが多く、このような弁護士事務所の場合、事件に着手してもらう段階で費用が一切かからないというメリットがあります。

報酬金の相場

報酬金の相場としては、

「歩合のみ」の弁護士事務所では、取得金額の「10%~20%」、「歩合+固定金額」の弁護士事務所では、取得金額の「10%」+20万円くらいになっているケースが多いです。

報酬金については、依頼する弁護士事務所によって、かなりバラツキがあるので、依頼する前にしっかりと料金を確認し、リーズナブルな事務所を選択することが重要です。

弁護士費用特約を利用すれば、弁護士費用が0円になる?

自動車保険の任意保険には「弁護士費用特約」というオプションがあります。保険会社によって具体的な名称は異なりますが、交通事故の被害に遭って、弁護士への相談や依頼の必要があった際に、保険会社が弁護士費用を補償するというものです。

※弁護士費用特約を利用した場合の一例

(具体的な金額は、加入している保険会社にお問い合わせ下さい)

〇相談時

交通事故の慰謝料や損害賠償請求に関する弁護士への相談費用を1回の事故にあたり、1名として10万円を限度に支払われます。

〇着手金・報酬金など

弁護士費用(着手金、報酬)や弁護士を介して権利行使や権利保全の手続きを行った際の費用について、1回の事故にあたり、1名として300万円を限度に支払われます

弁護士費用特約は、本人以外の人間が加入している場合であっても利用できるケースがあります。

例えば、同居している家族が加入している保険に弁護士費用特約が付帯していれば、弁護士への依頼の際に、弁護士費用が実質0円になる場合があります。(物損事故だけの場合は利用できないケースあり)

弁護士費用特約があることで、弁護士費用を300万円まで補償してくれますので、弁護士にかかる費用を、多くの場合0円で依頼することができます。

このように保険に弁護士費用特約がついていれば、弁護士に依頼する際の金銭的な負担がほとんどないので、加入しているのであれば使わない手はありません。

3 交通事故に強い弁護士を選ぶ基準

交通事故に強い弁護士を選ぶためのポイントは、

  • ① 交通事故問題を解決した実績がどれくらいあるか?
  • ② 顧客側にメリットのある料金体系になっているか?
  • ③ 弁護士さんとの相性はどうか?

の3つです。

① 交通事故問題を解決した実績がどれくらいあるか?

まず、交通事故に強い弁護士を選ぶために重要なのが、

交通事故問題を解決した実績がどれくらいあるか?

という点です。

一般的に弁護士というと、「法律のことなら何でもお任せ」というイメージがあるかもしれませんが、実は全く違います。

医者が内科や外科などに分かれているように、弁護士も各人にとって得意な分野と不得意な分野があります。

また、交通事故問題は「過失割合」「休業損害」「慰謝料、逸失利益」「後遺障害の等級の認定」などの法律知識だけでなく、医療や保険に関する知識など、広範囲の知識と経験が必要な分野なので、弁護士を選ぶ際には注意が必要です。

弁護士を選ぶ際には、各法律事務所の

  • 交通事故の相談件数や解決事例の数
  • HP内での交通事故関連の記述は充実しているか
  • お客様の声はあるか
  • 交通事故の専門書の執筆や講演活動はあるか

などをチェックするとよいでしょう。

上記の基準を満たす事務所は、交通事故業務に力を入れている可能性が高いと思います。

また、法律相談に行かれた際には、

  • 解決までの流れを分かりやすく示してくれるか
  • 慰謝料や損害賠償額の増額見込がありそうかを的確に説明してくれるか
  • 保険会社と妥協せずに、粘り強く交渉してくれそうか
  • 治療などの生活面に関しても親身にサポートしてくれそうか

などをチェックしてみましょう。

交通事故に強い弁護士事務所の場合は、相談経験や解決実績が豊富なので、解決までの流れや相談者から出てくる質問にスムーズに答えられますし、交通事故の専門知識が豊富な弁護士であれば、事故状況とこれまでの示談交渉の過程を聞けば、経験や判例などをもとに、慰謝料や損害賠償額が増額できるかどうかを素早く算出してくれるでしょう。

また、交通事故の被害者に親身によりそう事務所であれば、慰謝料や損害賠償額の増額以外の「治療に関するアドバイス」や「精神面のサポート」まで配慮が行き届いているケースが多いです。

なお、ベテラン弁護士か若手弁護士かという点は、交通事故に強い弁護士を探すにあたってあまり関係がありません。

交通事故案件の経験を多数積んだ若手弁護士の方が、ほとんど経験のないベテランより優れている可能性が高いです。

② 顧客側にメリットのある料金体系になっているか?

次に重要なのが、

顧客側にメリットのある料金体系になっているか?

です。

交通事故問題に力を入れている法律事務所の料金体系は、

  • 相談料が無料
  • 料金体系が分かりやすい
  • 弁護士費用も比較的安い

ということが多いです。

言ってみれば、料金体系というのは「顧客のことをどこまで考えているか?」という点がストレートに出ます。

弁護士費用をチェックすることで、その弁護士事務所が「顧客志向」かどうかを簡単に判断できるわけです。

また、相談時には、

「弁護士費用について明確に説明してくれるかどうか」

を必ずチェックした方がよいです。

顧客志向の事務所であれば、実際にいくらかかるかを正確に教えてくれますし、逆に、弁護士費用の説明が曖昧な事務所は、支払の段階で揉める可能性が高いので、やめておいた方が無難でしょう。

また、弁護士特約の利用についても、弁護士事務所側から説明があるかどうかもチェックしておきましょう。

以上のように、弁護士費用は、交通事故に強い弁護士事務所を選ぶ際に重要な要素なので、きちんと確認されるのが良いと思います。

③ 弁護士さんとの相性はどうか?

最後に、大事なのが、

弁護士さんとの相性はどうか?

という点です。

1点目と2点目を満たしている場合、「交通事故問題を解決する能力」は高いと思います。

ただ、弁護士としての能力が高いからといって、「自分にとってベストな弁護士」かどうかは分かりません。

弁護士業務は「人が全て」のサービス業なので、同じ業務でも、誰にやってもらうかで満足度は大きく変わります。

この相性をチェックするために重要なポイントは、

  • 仕事を依頼する前に面談に行って人柄を確かめる
  • 最初から決め打ちせず、複数の弁護士さんの所に相談に行く

という点です。

一度でも相談に行けば、

  • 弁護士が現状や見通しなどについて分かりやすく説明してくれるか
    • …交通事故は「症状固定」「逸失利益」「後遺障害等級認定」などの専門用語が多いため、分かりやすく説明できることが重要です
  • 相談者の要望をきちんと汲んでくれるかどうか
    • …弁護士の方針を一方的に押しつけるのではなく、依頼者の希望や心情を踏まえた解決方法を考えてくれるか

などは比較的はっきりと分かると思います。

弁護士事務所に一度依頼すると、時間もお金もかかるため、これらの点についてしっかり考えて選ぶことが大切です。

弁護士に相談する際によくある質問

弁護士に相談してから解決までの流れはどのようになりますか?

① 法律相談

まず、最初のステップは弁護士事務所に法律相談をすることです。

事前に、電話やメールで問い合わせを行い、話し合った上で相談日を決定します。
(電話の段階で、どのような交通事故の被害に遭ったかを聞かれることもあります。)

法律相談当日は、弁護士事務所にて弁護士と直接話し、事故の詳細や主張したいことなどについて聞かれます。

どのような選択肢があるのか、慰謝料・損害賠償額の増額可能性、弁護士費用などについて、担当の弁護士から説明があります。

② 依頼

弁護士に依頼するかどうかを検討し、依頼となれば、契約書を取り交わします。

この時点で、弁護士が依頼者の代理人となって、相手の保険会社と交渉する窓口となることができます。

これで、面倒なやりとりは全て弁護士に任せることができます。

③ 治療が終了したら「後遺障害の認定」と「示談交渉」

ケガが治るまで病院へ通院し、これ以上治療を続けても効果が見られないと医師が判断すると「症状固定」となります。

完治せずに症状が残ってしまった場合は、弁護士のサポートを受けながら「後遺障害認定手続き」を行うことになります。

治療が終了した段階で後遺障害が残っていなかった場合や、後遺障害等級が認定された場合には、示談交渉へ入ります。

弁護士が、慰謝料の基準の中で最も高い「弁護士会(裁判所)基準」で交渉していきます。

④ 示談成立

無事に示談がまとまれば被害者の方に示談金が支払われ、事件解決となります!

交通事故の場合は、ほとんど示談成立となりますが、万が一、示談が不成立になった場合は、訴訟などを提起していくことになります。

弁護士に相談するタイミングはいつがベストですか?

結論から言うと、

「交通事故に遭ったら、できるだけ早く弁護士に相談した方がよい」

です。

インターネットを調べていると、

  • 示談交渉になってから弁護士に依頼した方がよい
  • 裁判になった段階で弁護士に依頼した方がよい

などのように書かれていることもありますが、弁護士への相談や依頼は、早いに越したことはありません。

交通事故直後の場合、事故当時の記憶が鮮明に残っているので、事故状況を性格に把握することができますし、今後の請求や交渉に必要な証拠などを早い段階で集めることができます。

また、治療中も、通院時に必要な検査や、医師に伝えるべきことなどについて、弁護士からアドバイスを受けることができるというメリットもあります。

交通事故に強い弁護士はどのように探したらよいですか?

交通事故に強い弁護士を探す方法としては、

  • ① 友人や知人に弁護士を紹介してもらう
  • ② 電話帳や新聞広告などを見て、弁護士事務所に直接問い合わせる
  • ③ インターネットで弁護士事務所のホームページなどをチェックする

などの方法がありますが、それぞれ問題点があります。

まず、「① 周りの人に弁護士の知り合いを紹介してもらう」という方法は、かなり一般的な方法だと思いますが、友人や知人の知り合いの弁護士が必ずしも交通事故に強いとは限りません

また、紹介してもらった弁護士が交通事故に強い弁護士だったとしても、依頼者と弁護士の相性もあるため、必ずしも依頼したいと思うかどうかは分かりません。

そのような場合、知り合いから紹介してもらったのに、他にもっと良さそうな弁護士が見つかったときなどに断りづらいというデメリットもあります。

なお、加入している保険会社から弁護士が紹介されるというケースがありますが、このような場合、紹介された弁護士が保険会社の肩を持つタイプの弁護士である場合が多いので、注意が必要です。(保険会社にとって不利益になるような各種補償について、積極的には教えてくれない可能性があります。)

交通事故に遭った際は、保険会社の紹介に頼ることなく、自分自身で交通事故に強い弁護士を探された方が賢明だと思います。

次に、「② 電話帳や新聞広告などを見て問い合わせる」という方法は、紹介によるしがらみ等はないものの、電話帳や広告に載っている弁護士が、本当に交通事故の専門性がある弁護士かどうかは、情報が少なくて分からないという問題があります。

最後の、「③ インターネットで弁護士事務所のホームページなどをチェックする」という方法は、通常の広告と比べて、情報が多いので、その弁護士事務所が交通事故に力をいれているかどうかが良く分かります。

ただ、今後は、弁護士事務所のホームページが多すぎて、どの事務所がよいかを比較・検討するために、かなりの負担がかかるという問題があります。

当サイト「交通事故アスク」では、これらの問題を解決し、

  • ① 日本全国の交通事故に強い弁護士だけをあらかじめピックアップしてある
    • …交通事故に強い弁護士を厳選してピックアップし、それぞれの弁護士事務所の概要や事務所ごとの特徴・費用について詳細を記載しています
  • ② 地域ごとに弁護士事務所を一覧で比較や検討ができる
    • …当サイト内で多くの弁護士事務所が見られるため、自力で検索して、ホームページを見比べる必要がありません
  • ③ 気になった弁護士事務所に「まとめて問い合わせ」ができる
    • …気になった事務所に「まとめて問い合わせ」ができるので、それぞれの事務所のホームページから1つ1つ問い合わせる必要がありません

という仕様になっているので、ぜひ交通事故に強い弁護士事務所を探す際に、ご活用頂ければと思います。

まずは、いくつか気になる弁護士事務所に電話やメールで連絡して、実際に相談してみるのがおすすめです。

相談してみて、信頼できると感じる弁護士事務所があったら、依頼を検討してみましょう。

もし、ピンとこなければ、別の弁護士事務所に相談するという流れで、交通事故に強い弁護士を探されれば、きっと「あなたにとってピッタリ」の弁護士事務所が見つかると思います!