1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士を探す
  3. 茅ヶ崎市の交通事故に強い弁護士一覧

茅ヶ崎市の交通事故に強い弁護士一覧

1件中1-1を表示

   選択した事務所に まとめて問い合わせをする   無料
お気に入りに追加
  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    事案による
  • 成功報酬
    事案による
住所
神奈川県茅ヶ崎市元町4-1 山口ビル2階
アクセス
東海道線 茅ヶ崎駅から徒歩3分
営業時間
平日 9時~17時30分
定休日
土・日・祝日
マイタウン法律事務所茅ヶ崎事務所
相談無料
実績多数
完全個室
女性スタッフ対応
経験豊富な弁護士がわかりやすくアドバイスします!
あなたが交通事故の被害者になってしまったとき、相手方(加害者側)保険会社が親身になって賠償に応じてくれるとは限りません。むしろそのような保険会社は少ないでしょう。保険会社としては、なるべく早く、できる限り低い賠償金額で済ませたいと思うものです。 ですから、事故後まもなく、被害者がいまだ治療を続けているのにも関わらず、同意書にサインしてください、治療費を打ち切ります、症状固定し…
050-5264-5946
   選択した事務所に まとめて問い合わせをする   無料

神奈川で交通事故に強い弁護士に無料相談!

■神奈川の交通事故の特徴

○年度ごとの推移(事故発生件数・死亡者数・負傷者数・ランキング)

神奈川は平成26年の交通事故の発生件数が30434件で、平成25年と比べると3413件減少しています。交通事故による負傷者数は、平成26年が35998人で、これは平成25年に比べて4391人の減少となります。死者数ですが、平成26年は185人と、平成25年に比べて17人増加しており、この人数は全国でも2位であり、非常に高い順位になっています。神奈川県の事故発生件数は過去5年間で約1万件減少しました。平成24年の神奈川県の交通事故発生件数は37,049件で、全国では愛知県、大阪府、東京都、福岡県に次いでワースト5位に入ります。ただ、それでも平成21年の43,017件から年々減少し、平成25年には33,847件になり約1万件も減ったことになります。負傷者の数も多く、平成25年では44,135人で全国ワースト6位になっています。神奈川県の交通事故死亡者はここ数年では平成22年が182人と多かったのですが、その後は減っていき平成25年には168人になっています。負傷者も平成21年には51,056人と多かったのですが、年々減少していき平成25年には40,389人で約1万人も少なくなりました。神奈川県は、死亡事故はここ10年で減少していますが、それでも都道府県別の交通事故死者数は平成25年のデータで全国のワースト8位になっています。

○特徴

事故が多い地域としては、交通事故の多い発生地域は横浜市です。そして、次いで湘南西湘地区と言われている藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市などが発生頻 度が高いようです。さらに川崎市も発生件数の多い地域です。誰が事故に多く遭っているかというと、神奈川では平成26年の交通事故による死者数が185人でしたが、そのうち66人は高齢者でした。高齢者人口当たり死者の順位は46位と、全国的に見ても非常に低い死者数となっています。高齢の歩行者の犠牲が多く、全体の35.1%を占めているのが特徴です。65歳以上はぐんと増えて、神奈川県全体の41.7%にもなります。2009年からの5年間でも高齢者の年間の死亡人数は65人、72人、54人、59人、70人と増減を繰り返し、なかなか減少しない状況にあります。多い事故形態としては、若者が多い地域性のためか、神奈川県では自動二輪や原付バイクなど二輪車の死亡事故が39.6%と高く、全国の2倍になっています。湘南海岸沿いや、平塚、箱根などツーリングに適した場所がたくさんあるため、バイク好きな若 者が多く集まってくることが影響しているのかもしれません。交通事故防止運動としては、県警では二輪車の事故防止対策として、白バイによる警戒や通勤・通学の時間帯での交通指導取り締まり、通勤で二輪車を使用する事業所の従業員を対象にした交通安全講習などを実施しています。また、神奈川県警では高齢者向けの交通事故防止のエアロビクスの実施や交通心理士が65歳以上の人に行ったアンケートを元に事故原因を分析した「安全横断~5つの品格」という5か条にまとめ、高齢者の事故防止活動を展開しています。道路事情としては、坂道が非常に多いという点も挙げることができます。道が狭く、なおかつ急な坂道の場合、視界が悪く、なおかつ思った以上にスピードも出てしまうため交通事故のリスクがあがってしまうわけです。

■神奈川の弁護士に交通事故の相談

○神奈川で交通事故に遭われたら

神奈川で交通事故に遭われた場合、弁護士に相談されるのがおすすめです。弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償額の増額が期待できます。また、弁護士に示談交渉を任せれば、被害者の方が加害者と交渉するストレスもなくなります。無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、まずは気軽に相談してみることが重要です。

○神奈川の弁護士数・弁護士事務所数

神奈川の弁護士数は2015年現在1428人で、弁護士事務所数は704軒です。2013年度は、有料法律相談件数6921件、無料法律相談件数45423件、法テラス16897件、交通事故センター1525件、弁護士会・その他27001件で、法律相談総件数52334件となっています。

○神奈川で交通事故の相談ができる弁護士の対応市町村

横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・葉山町・寒川町・大磯町・二宮町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町・愛川町・清川村

■神奈川の特徴

神奈川県は、日本のほぼ中央にある県で、関東平野の南西部に位置し、北は東京都に、西は山梨県や静岡県に隣接しています。県庁所在地は横浜市です。県の総人口は、約906万人と関東地方に次いで全国で2番目に多く、人口密度も全国第3位と非常に高い傾向にあります。県には横浜市、川崎市、相模原市の3つの政令指定都市がある全国唯一の県です。県東部の横浜市、川崎市は都市化、工業化が進んでおり、東京湾に面した京浜工業地帯の一角を成していることもあり経済的にも活発です。歴史的には鎌倉幕府の置かれた鎌倉市、戦国時代には北条氏の拠点である小田原市も栄えた歴史をもち、今も歴史的な建造物の名残を見ることができます。横浜、湘南海岸、茅ヶ崎、箱 根、小田原といった観光名所や人々の人気スポットが集まる神奈川県です。中でも一番見どころがあるのは、横浜中華街です。日本最大のチャイナタウンであり、観光スポットとグルメスポットの両方を兼ね備えています。昔の建物の雰囲気を楽しみたいのなら横浜市にある赤レンガ倉庫がおすすめです。レジャーを楽しみたいのならば、温泉街として全国的に有名な箱根町がおすすめです。