1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 野々市市の交通事故に強い弁護士に相談

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

野々市市の交通事故に強い弁護士に相談

1件中1-1を表示

   選択した事務所に まとめて問い合わせをする   無料
お気に入りに追加
お気に入りから削除
  • 相談料
    30分5000円(税別)
  • 着手金
    請求額の8%
  • 成功報酬
    得られた経済的利益の16%
住所
石川県野々市市本町5-11-17 MKKビル203
アクセス
野々市消防署バス停から徒歩1分
営業時間
平日 9時~17時30分
定休日
土・日・祝日
ののいち法律事務所
土日相談可能
実績多数
駐車場有
法テラス利用可
分割払い
私達は、人生のトラブルの際に傍にいるより身近な弁護士事務所を目指します。
突然の交通事故に、家族の心配、仕事の心配、そして、もちろん相手がいれば相手の心配・・・一度に多くの心配事が押し寄せてきます。そんなとき、わからないことだらけで、とても対応しきれません。 入院費用は? 相手への賠償金額は? 保険会社が対応しているけどそれで本当にいいのかな? 仕事はいつまで休んでてもいいのだろう? お金の話の交渉は、とても神経をすり減らします。自分が悪い場合だけ…
050-5264-5952
   選択した事務所に まとめて問い合わせをする   無料

石川で交通事故に強い弁護士に無料相談!

■石川の交通事故の特徴

○年度ごとの推移(事故発生件数・死亡者数・負傷者数・ランキング)

石川は平成26年の交通事故の発生件数が4074件で、平成25年と比べると565件減少しています。交通事故による負傷者数は、平成26年が4846人で、これは平成25年に比べて692人の減少となります。死者数ですが、平成26年は55人と、平成25年に比べて6人減少しており、この人数は全国でも31位であり、低めな順位になっています。石川県での交通事故の発生件数は、平成20年は6,769件でした。翌年の平成21年は6,320件に減少、平成23年には6,000件を下回る5,540件にまで減少しています。平成26年は前年より568件減少して4,071件になりました。負傷者数は、平成20年は8,343人でした。翌年には8,000人を切って7,710人になります。また、平成23年には7,000人を下回る6,721人にまで減少しました。平成26年は4,841人で、9年連続で減少しています。死亡者数は、平成20年は56人でした。その後、平成22人は64人に増加しますが、その後は減少しています。なお平成26年は前年より6人少ない55人でした。2012年の統計を見ると交通 事故件数は47都道府県中36位にランクされており全国の中では交通事故が少ない県といえるでしょう。石川県の交通事故の特徴は、負傷者が9年連続で減少していることと、平成26年には昭和43年以降で死傷者数が初めて5,000人を下回ったことがあげられます。全国で見ても石川県の交通事故発生件数は39位、死亡者数は38位、負傷者数は40位と低い地域であることがわかります。

○特徴

事故が多い地域としては、石川県で交通事故の発生が多いのは石川郡野々市町御経塚2丁目の御経塚交差点で、交通量が多く渋滞になりやすいため、追突事故が多発しています。次に多いのは金沢市もりの里3丁目の鈴見交差点で、交差点周辺には兼六園、金沢大学付属病院、住宅街などがあり、交通量、歩行者数ともに多い地点です。誰が事故に多く遭っているかというと、石川では平成26年の交通事故による死者数が55人でしたが、そのうち35人は高齢者でした。高齢者人口当たり死者の順位は8位と、全国的に見ても高い死者数となっています。死亡者数の中で高齢者が占める割合が高く、平成26年は63.6%になっています。交通事故の年齢別の死傷者数を 見てみると60歳以上の方の死傷者数が非常に多く見られます。他の年齢層の方と比較しても突出しています。事故が多い時間帯としては、交通事故発生状況を見ると12月が最も交通事故が多く発生しています。これはやはり降雪による視界の悪化、また雪道のスリップ事故 の増加などが原因となっている可能性があります。道路事情としては、道路実延長も全国39位ですから、道路自体も全国的にはそれほど多くはないといえます。車両数についても全国で36位なので、道路実延長、車両数がそのまま交通事故件数に反映されているように思えます。

■石川の弁護士に交通事故の相談

○石川で交通事故に遭われたら

石川で交通事故に遭われた場合、弁護士に相談されるのがおすすめです。弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償額の増額が期待できます。また、弁護士に示談交渉を任せれば、被害者の方が加害者と交渉するストレスもなくなります。無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、まずは気軽に相談してみることが重要です。

○石川の弁護士数・弁護士事務所数

石川の弁護士数は2015年現在166人で、弁護士事務所数は90軒です。2013年度は、有料法律相談件数377件、無料法律相談件数5241件、法テラス2306件、交通事故センター112件、弁護士会・その他2823件で、法律相談総件数5618件となっています。

○石川で交通事故の相談ができる弁護士の対応市町村

金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・野々市市・川北町・津幡町・内灘町・志賀町・宝達志水町・中能登町・穴水町・能登町

■石川の特徴

石川県は本州の中央部、日本海側の北陸地方にある人口約115万7000人の街です。県庁所在地は金沢市で、県の人口の約4割が集中している観光業で栄えている街です。次いで多いのは白山市と加賀市になります。石川は本州の中央、北陸地域に位置する県で、東西100km、南北200kmと南北に細長い形をしています。北部に飛び出た半島は能登半島といい、日本海側に突き出しているため、季節風の影響を受けやすいことが特徴になっています。能登地方中部から加賀地方にかけての平野部では比較的温和ですが、能登地方北部や加賀地方山岳部では気温も低めになっています。同じ県内でもかなり気候や環境が違います。加賀百万石を連想させる独特の形をした金沢駅周辺には、おもてなしドーム、金沢フォーラスなどがあります。能楽の加賀宝生、織物の染色技法の加賀友禅、蒔絵をほどこした金沢漆器や、輪島市の輪島塗などの伝統技術が多く引き継がれています。